【仕事が2倍できるようになる方法!】

こんにちは
森村です。
 
今日は、
たった三年半で普通の人の2倍の能力を
身につける方法をお教えしようと思います。
  
1年間365日あります。
土日祝日合わせると
年間休日は120日ほどあります。
  
そうすると
普通の人は245日年間働くことに
なりますね?
  
もし、
土日祝日も仕事を2年間していたと
仮定するならば
  
普通の人の2年間の労働日数は490日
土日祝日すべて働いた人は730日
   
それでは3年たつとどうでしょう?
普通の人は735日の労働日数
土日祝日すべて働いた人は1095日
  
たった3年で360日の開きがでましたね。
ほぼ1年分の労働日数の差が
開いてしまいましたね。
  
そして、
普通の人が1日8時間労働だとします。
更に1日2時間の残業をしたとします。
  
そうすると1日2時間残業をしている人は
365日働いたとすると普通の人より
約91日分多く労働したことになります。
これを3年続けると274日ほど
多く労働したことになります。
   
さて、
3年間土日祝日なしで更に2時間残業
したとすると普通の人との差はどのくらい
になるでしょうか?
   
3年の間、1日8時間として
普通に働いた場合は労働日数は735日
   
土日祝日も働き
更に2時間残業した場合は、
労働日数は1369日となり
   
3年半もこの生活をすれば
普通の人の2倍の労働時間となり
普通の人が7年かかる労働経験値が
溜まるということになります。
  
なんで
今回こんな事を書いてるかと
言うと
  
昔、森村は20歳から
デザイナーとして独立してたのですが
そのころの生活って起きてる時間の
ほとんど仕事をしていたなって
だから若くても独立できたのかなと
  
実力も経験もないのでその分を
労働時間で補ってたのかもしれないです。
  
別に能力が高いとかじゃなくて
圧倒的な労働時間が先輩方との差を
縮めていたのかもしれないですね。
  
若くて仕事ができるって思う子って
話を聞くと
やっぱり他のどの子よりも
働いてる時間が長いですよね。
   
能力や経験値を伸ばすには
結局時間をどれだけかけたかなんだなと
思います。
  
それと重要なのは環境。
  
森村もたまたま学生のときに
有名なデザイン事務所に
ひろってもらえたのがきっかけで
若くして独立できたのですが
  
もちろん、
ひろってもらうための努力はしました。
  
何せデザインでは
まったく無名の学校に通ってたので
デザインのコンテストに参加したり
有名なデザイナーの知り合いがいそうな
先生に紹介を頼んだり
  
当時はSNSやメールも一般的でない時代なんで
ピロって有名なデザイナーに
コンタクトなんて取れない時代でしたからね。
  
当時は、知り合いでもいなければ
デザイン事務所に封筒に自分の作品を
入れて送るのが一般的でした。
 
有名な人気事務所からなんて  
ふつう連絡は来ませんが
   
それで、
もし連絡が来ればアルバイトとかで
使ってもらえるのですが
当時は無給のとこも多かったです。
   
ほんと
今は便利ですよね。
  
ピロって
気軽にSNSで繋がれるんですからね。
  
成功法則って裏技なんてなくて
  
経験値(時間)× 環境
  
なのかもしれませんね。
  
経験値のほうは自分で努力するしか
ありませんが、
  
それを何倍にも加速させる環境は、
いますぐ手に入れることもできますよね?
  
物販であれば
稼いでいる人達の側に行く事です。
  
環境がよくなれば
上記のふつうの人の2倍稼ぐまでの
経験値(時間)が大幅に短縮されますよね?
  
だって環境が2倍よくなれば
同じ経験値(時間)でも
2倍の経験値になりますからね。
   
経験値(100時間)× 環境 1=経験値100
経験値(100時間)× 環境 2=経験値200
   
まあ、
ゲームみたいにシンプルに数式通りには
いかなくても結構これに近い効果はあります。
   
なので
副業を始めたり
独立しようと思ったら
   
いろいろ
セミナーや交流会に
顔をだしてみるといいと思います。
  
最初の一歩って
結構、勇気いるんですよね。
  
森村も
はじめて物販の交流会に行くぞ!
って参加ボタンを押すまでかなりの
時間がかかりました。
   
今思うとそんな悩む事だったのか?
って思うくらいなんですが(笑)
  
成功法則
経験値(時間)× 環境
  
この公式を見て
自分がどうするのが一番簡単かは
分かるかと思いますが
  
はい、
環境を変えるのが一番の近道ですね。
  
なので、
今自分が何か副業なり独立など
考えているならば環境を良くする事を
考えて行動してみてくださいね。
  
森村もお手伝いしている
業界No.1の物販コミュニティーBUPPAN!!
   
ならかなりレベルの高い人が集まってるので
おすすめです。
  
成功法則
経験値(時間)× 環境 BUPPAN!! 100倍
になるかもしれませんね!
  
本業で物販をされてる方はもちろん
主婦をしながらかなり本業以上に稼がれてる方
自分のブランドを作ってしまった方などなど
  
いろいろ面白い方がいるので
自分が目標に出来る方がきっといるはずです。
  
そんな物販コミュニティーBUPPAN!!の募集も
現在、予想以上の応募があり
いきなり締め切りになる可能性もあるので
ご検討されてる方はお早めに
  
業界No.1の物販コミュニティーBUPPAN!!
  
ビジネスは即断即決が必勝法です!
仕入れもそうですね。

【環境が自分を変える!!】

こんにちは
森村です。
  
久しぶりに
風邪を引きました。
  
先週末に
展示即売会で
朝から晩まで立ちっぱなしで
販売をしていたのが応えたのか
疲れが抜けず
風邪を引いてしまったようです。
  
本当は、、、
風邪引いてるにも関わらず
先輩がたからの呑みの誘いがあっったので
喜んで出かけていったのが
悪いんですけどね(爆)
  
さてさて
みなさんも体調管理には
気を付けてくださいね。
  
昨日は、
スタッフに業務を任せて
休みにさせてもらったんですけど
   
つくづく
スタッフを採用してよかったと
思ってます。
  
森村も40歳という
ちょうど人生の折り返し地点に
いるわけですが
さすがに体力落ちてるなと
ひしひしと感じるわけでして
   
こんな風邪引いてダウンしてても
会社はまわってくれてるわけです。
  
にもかかわらず今月は
イタリア仕入れの販売が好調なのと
即売会での売り上げも過去最高となり
今年最高売り上げ見込みです。
  
ある程度の
売り上げ規模になってくると
がむしゃらに個人で頑張るって言うより
組織力が重要になってくるかなって
思ってます。
  
では組織力ってどうやって付けて行くのか?
  
組織力を作るには
スタッフとの信頼関係を作ることから
始まります。
  
信頼関係をつくるには
スタッフとのコミュニケーションが必要です。
  
森村の場合、
呑みにケーションですかね(笑)
  
とにかく
スタッフとの時間を作るってことですね。
  
この時間って
自分の考え方を伝え
いずれ自分の代わりに考えて組織を
動かしてくれるリーダーを育てるのが重要なんですね。
  
これが出来ないと
自分がいなくても動く組織って
作れないんですよね。
  
これほんと
時間かかります。
  
管理職を育てるのは
大変なんですよね。
  
この文章を読んでくれてる方で
まだ人を育てるとかピンと来ない人は、
いまいる会社でもいいですから
管理職として自分を育ててくれる人を
見つけるといいと思いますよ。
  
まあ、
最近、
管理職を育てる余裕のある会社って
少ない気もしますが、
  
そうゆう人が
周りにいるかいないかで
あなたの将来は大きく変わってきて
しまうと思います。
  
もし、
ひとりで副業で物販やられてるなら
昨日も紹介しましたが
BUPPAN!!にでも入ってみるといいかもしれませんね。
自分のお手本となる人がきっといるはずです。
   
組織運営や外注化のプロもいますので
将来的に自由な時間を作るためのアドバイスを
もらえると思います。
  
ほんと、
自分のいる環境で
将来って変わって来てしまうんですよね。
  
今、あなたにできることは
自分がなりたいって思える人がいるところに
行く事です。
   
そうすれば
なりたい自分になれる確率は飛躍的に
上がりますよ。
  
追伸:おととい紹介した物販コミュニティーですが、
なんか凄い勢いで応募があるみたいで
募集締め切り日待たず定員に達する可能性もあるそうです。
もし検討されている方がいたら
お早めに入会されるといいかと思います。

▽業界No.1の物販コミュニティー
BUPPAN!!新規募集詳細はコチラから
業界ナンバーワン!物販コミュニティーBUPPAN!!

【気軽にアドバイスをもらえる環境をてにいれよう!】

こんにちは
森村です。
    
ネット物販をするにあたって
昨今はググれば大抵のことは
無料でわかる時代ですが
   
とは言っても
いきなりアマゾンやヤフオクから
出品停止のお知らせが届いたら
かなりパニックになったりしますよね??
   
森村も
かつてヤフオクで
出品制限をもらったことがあります。
   
最初は、
ほんとびっくりしました。
なにせなんで出品制限にかかったのかも
わからないからです。
   
当時のヤフオクは、
今ほど親切じゃなかった気もします。
   
もう、
どーしたらいいか
周りに聞ける人もいなくて
ネットで検索しまくっても
多少はそういった状況の情報は
ネットにあったのですが
どの情報が正しいのか?
まったくわからない状況で、
   
この制限が解除されるまでほんと
もうドキドキでした。
   
当時は副業でしたが、
それでも月に50万円くらい利益がでていたので
それはもう、、、
不安でした。
   
結局は、
ヤフオクにメールをして
数日たって
なぜ出品制限になったのかを
教えてもらえるメールがヤフオクから来て
その後すぐに謝罪メールして
今後このようなことが
ないように注意していきます。
みたいなメールをしたら
1週間ほどで出品制限は解除されたのですが
   
その出品制限が
解除されるまでの間は
生きたここちがしなかったですね。
   
今は、
いろんな物販の塾やコミュニティーが
あるのでそういったのに参加していると
いろんな問題など起きてもその対処方法を
すぐに教えてもらったりできるので便利ですね。
   
何度か
書いてるかと思いますが
森村もBUPPAN!!という
物販で稼いでる現役プレイヤーが集まる
第1期の募集で300人以上のメンバーを集めた
業界最大規模の物販コミュニティーで
サポートメンバーとして参加しています。
   
森村は、
現在、塾などはやっていないので
森村が物販系のコンテンツを提供してるのは
このBUPPAN!! だけになります。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆「本物」 が集まる 物販コミュニティ BUPPAN!!

ちなみに森村が提供してるコンテンツで
一番人気は
”下町はしご酒”という
不定期の飲み会ですが、、、
   
物販で稼いでいる人たちと
お酒を飲みながらおいしい肴をつまみながら
物販話をする会です。
   
まあ、お酒の勢いなのか、
みんな濃いネタ暴露しまくりの会です(笑)
   
お店は森村チョイスなので
いつもFBを見て頂いてる方には
お判りでしょうが森村が自信を持って
おすすめできるお店をチョイスしています。
こちらも多くの参加者から好評頂きました。
  
もし興味ある方は、
BUPPAN!!に参加頂き飲み会に
参加頂けたらと思います。
   
もちろん純粋に物販について
森村に話を聞いてみたいって感じで
参加してくれたら嬉しいです。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   
BUPPAN!!新規募集詳細はコチラから

【辛くなるのはわかってたんだよ!】

こんにちは
森村です。
  
物販実績者で
ある程度稼げるようになってくると
常に悩みの種になるのが
キャッシュフローです。
  
たぶん
会社経営者になれば
コイツと一生付き合うことになるんだけど
  
物販的に
キャッシュフローを分かりやすく
例えるならば
クレジットカードの支払い日までに
商品を売って現金を用意するって
ことなんだけど
 
ようするに
仕入れ→販売→現金という
お金の回転を滞りなく回すのが
キャッシュフローです。
      
7月はセール時期で
商品が売れる時期です。
     
なので森村は2ヶ月くらい前から
セール用にいつもより多めに
仕入れをします。
  
そうするとですね。
  
カード支払い日までに
商品を売っていつもより
現金を用意しなくちゃ
いけないわけです。
  
この状況って
売り上げが上がって利益も
上がってるのですが大抵ですね
支払いが苦しくなるんです。
   
仕入れた商品すべてが
支払い日までにすべて売れるわけでは
ないですからね。
  
それに
商品増加にともない
いつものスタッフの稼働では
出品が追いつかなくなるんですね。
   
結果、商品出品まで
タイムラグが出る!
  
だんだん資金回収が
遅くなると、、、
  
支払いが辛くなります。
わかっちゃいるんだけど
   
では、   
前もって苦しくなるのが
わかっているなら仕入れを抑えればいいじゃん!
って話なんですが
   
会社が成長していくには
売り上げと利益を
伸ばさないといけないんですよね。
    
わかっちゃいるけど
やめられね〜って感じです。
  
この苦しさから
解放されるには売り上げを横ばいにすれば
いいのですが
  
今年からスタッフを採用したり
事務所の移転拡張も考えてるので
頑張らないといけないわけなんですよね。
   
まあ、
1年前に予測した売り上げ目標達成まで
あと一息です。
  
頑張ろう!!

【事業計画を書く前に夢を語ろう!】

こんにちは
森村です。
  
事業計画書を作る為に
なにから始めればいいのでしょうか?
  
今回、
森村は
会社を通じて将来なにをしたいのか?
なにを実現したいのか?
  
それを明確にする必要があると思ってます。
 
森村は最近
1〜2ヶ月に一度海外に行って
旅をしながら物販をする生活も
面白いかなと
  
森村は、
日本の居酒屋や食事が大好きなので
海外移住とかには興味ないんですよね。
  
なので、
1〜2ヶ月に一度くらいが
ちょうどいいのです。
  
物販でこれを実現するには
荷受から出品、発送までを
外注化しないといけないですね。
  
アマゾンのFBAなんか
利用してもできそうです。
  
ただその場合は、
アンティークなど中古品が
難しかったりするので
仕入れる商品に制限がかかりますね。
   
森村は、
海外の蚤の市なんか
見ながら仕入れるのも好きなので
FBAだと難しいですね。
  
森村の場合、
スタッフがいるため
日本に半月くらいいなくても
会社が回る仕組みができてるので
外注化の面はすでにクリアしていて
すでに実行に移しています。
  
今年は中国2回、イタリア2回、
イギリスに1回行ってるので
  
今のところ達成というか2ヶ月に一度であれば
あと一度海外にいけば達成してしまいますね。
  
今年はこれから
イタリア、イギリス、台湾に行く予定が
あるのでほぼ達成する見込みなのですが
  
この海外買い付けで増える仕入れ資金を
賄う為にも資金調達をしたいわけなんですよね。
  
なので事業計画書を書く必要もあるのです。
  
そして、
海外買い付けで増えた商品を
販売する販路の拡大を考えると
  
これまた
費用が必要なんです。
  
例えば、
楽天に出店するなら
楽天は出店費用がかかるので
その費用も捻出しなくてはなりません。
  
ネットショップへ販路を拡大するなら
その構築費と集客の為の広告宣伝費
  
実店舗なら
店舗を借りる費用や改装費用
その店舗用の在庫や店舗スタッフの人件費
など考えると
かなり大きな投資費用が必要になります。
  
こんなことを
実現しようとすると
事業計画を書いて
融資をしてもらわないと
実現できなかったりするんですよね。
  
もちろん
コツコツ事業で得た利益を貯めて
ある程度貯まった時点で
こういった計画を実行することも可能ですが
融資獲得するよりも
はるかに時間はかかりますよね?
  
こんな感じに
自分がやりたいことを
思い描いてそれを実現できる状況を
考えどう作るか?
  
それを具体的な
数字まで落とし込む作業
それが事業計画なんだと思います。
  
こんな風に
事業計画を考えると
作業自体楽しくなりませんか?
  
副業で物販やられてる方も
一度、事業計画を書かれてみると
いいかもしれませんね。
   
夢の実現の地図ができれば
あとは実行するだけですから。

【効率化を求めるとリスクが増える?】

こんにちは
森村です。
  
物販って
仕入れ、検品、出品、顧客対応、発送
って結構面倒くさいですよね。
 
しかも
これを副業でやろうとすると
自分一人でこなさないといけない。
  
森村も
副業時代は、
会社から帰ってから
出荷作業をしていたので
毎日台車を押してコンビニまで
何回も荷物を持って行ってました。
 
当時は、
売れたら売れただけ儲かるので
そんなに辛いって感じたことは
なかったのですが、
  
今思うと
当時は発送量も結構多くて
仕事帰ってから
顧客対応して梱包して
発送を自分一人でやるって
大変だなあって思います。
  
そんなこと考えると
アマゾンのFBA なんて
楽でいいですよねー
  
一度まとめて
アマゾンの倉庫に送ってしまえば
あとは全部アマゾンがやってくれます。
  
それに
アマゾンは出品も
ヤフオクなんかに比べて
簡単です。
  
森村も
初めてアマゾンに
出品したときには
あまりの簡単さにびっくりしました。
  
そんなこんなでアマゾンは
物販ビジネスとして人気なんですね。
  
でも、
やっぱみんな効率的に
簡単に稼ぎたいって
思うんでしょうが、
  
多くの人が
そう思うために
  
アマゾンでの販売は
非常に競争が激しいです。
  
単純転売、
海外のアマゾンで仕入れて
国内のアマゾンで販売するとかだと
  
すぐに
価格は下落します。
  
アマゾンは自動価格調整ツールとかも
豊富で自分が価格調整したら
すぐにライバルも価格を下げてきます。
  
あきらかに
ツールを使ってるんじゃないかな?
って感じでこちらが価格下げたら
すぐに下げてくるって感じの商品も
多いですね。
  
効率化を求めていくと
ライバルが単純に
増えるんですね。
  
もしくは、
大きな資本を持ったライバルに
ぶち当たったりします。
  
大量仕入れでライバルより
安く仕入れられるところですね。
中国輸入には多いかな。
  
効率的に
簡単に手間がかからないってことは
逆にライバルも多いので
儲けるのは意外と難しかったりするんですよね。
  
逆に手間がかかって
面倒なことって
ライバルも少ないので
儲けるのは簡単だったりするのかもしれません。
  
実は、
森村は独立開業するときに
手間がかかって面倒なことをやろうって
常々思っていました。
  
なぜかと言うと
  
独立した際、
毎月ある程度決まった利益を確保出来ないと
精神衛生上悪いですしね。
  
今月は儲かった!
その次の月はライバルが増えて
不良在庫増えて赤字!
  
なんて
経営状態だと
落ち着いて仕事できないですからね。
ストレスも溜まります。
  
とは言え
効率化を求めるのはいいことだと
思いますが、
  
効率化や手間がかからない
自動化とか求めると
  
それに伴って
知らずにリスクなんかも
増えてたりするんですよね。
  
重要なのは、
効率化に対するリスクを
理解しつつ
  
単純に
効率化や自動化を求めるのでは
なくて
  
自分が本当にやり易い
仕組みを選択して
自分のビジネススタイルを
作る事なのかなって思います。

【独立のため定期預金をしておいたほうがいい?】

こんにちは
森村です。
  
今、副業をしていなくても
副業をしていても
  
将来独立を考えてる方は、
定期預金をしておいたほうがいいです。
  
それは、
なぜかと言うと
  
創業融資という
創業時に受けられる
公的融資制度があるのですが、
  
面接の時に
最初の創業資金をどのように
貯められたか?
  
聞かれる場合があるのですが、
それが一番わかりやすく
信頼があるのが”定期預金”なんです。
  
毎月コツコツ貯めることが
できる人と評価されるみたいです。
  
要するに
お金を貸しても
毎月ちゃんと返済してくれる人
ってことですね。
  
そして、
その定期預金ですが、
できたら自分の住まわれてる
将来独立する予定の場所にある
地元の信用金庫がいいです。
  
信用金庫は、
公的融資の次に
融資をしてくれる金融機関です。
小さな会社にも融資をしてくれます。
  
大手都市銀行は、
会社がかなり大きくならないと
融資なんてしてくれませんので
  
もし今、あなたが将来独立を考えていて
定期預金を大手銀行でしているのなら
地元の信用金庫にすることをお勧めします。
  
なぜかと言うと
  
実は、
信用金庫の融資査定に
社長の個人預金なども査定対象になるからです。
  
森村は、
創業2年目を迎える前に
地元信用金庫よりプロパー融資を
してもらえたのですが、
  
融資後に
信用金庫の担当の方から聞いたのですが
法人口座の取引実績だけでなく
個人での定期預金なども含めた得点が
森村さんとこは高く
最初のプロパー融資のお取引で
当支店では
今年一番融資金額が多かったと
言ってもらえました。
  
信用金庫と今から
取引実績を作っておくことは
将来のビジネスを大きくすることで
大きな意味がありますので
考えてみてもいいんじゃないでしょうか?
  
定期預金預けておいても
ほとんど増えませんんしね。
   
どこに預けても
ほとんど同じならば
将来的にビジネスのパートナーとして
支えてくれるかもしれない
信用金庫を利用するのがいいかと思います。

【将来の安心について考えてみる】

こんにちは
森村です。
  
突然ですが
貯金をされていますか?
  
森村も
一応、定期預金というのを
ずっとやっています。
  
よく
貯金を何のためにしているんですか?
って質問すると
  
将来のためと答える方が多いと思います。
  
何かあったときのため
お金を持ってると安心じゃないですか?
  

  
では、
何かあったときにそのお金を使うとします。
  
そして、
そのお金が底をついたらどうするんですか?
  
そのお金があるうちになんとかする
という答えが返ってくると思いますが
  
これって
たらればな話なんで
どうどう巡りなわけなんですが
  
それでは、
毎月、副業で20万円稼げる技術と
1,000万円の貯金はどちらがいいですか?
  
これは、
どちらが将来的に安心できますか?
  
特にこれに明確な答えがあるわけでは
ないのですが
  
情報発信的なセオリーで言えば
なにかあったときに会社に頼らず
自分で稼ぐ力があったほうがいいですよね。
  
1,000万円の貯金があっても
それを使ってしまったら終わりですよね。
  
だから副業を始めましょう!
  
こんなお得なセミナーありますよって
感じになると思うのですが
  
これだとあまりにも短絡的なので
もう少し掘り下げます。
  
1,000万円相当の資産を持ちつつ
毎月20万円を稼げる技術ならどうでしょうか?
  
なんか
これって両取りに近い条件ですよね?
  
森村の記事を読んで頂いてる方は、
もうお分かりの方も多いと思いますが
  
アンティークや骨董品・美術品の販売です。
  
アンティークや骨董品・美術品は、
短期的に値が下がることもありますが
基本、年数を重ねるほど値が上がる商品です。
 
ということは資産としても
考えられますよね?
  
なので、
お金持ちの方の趣味としても人気です。
  
もちろん1,000万円相当の
アンティークや骨董品・美術品の在庫を
持っていれば月に20万円以上は楽に
稼げるのですが、、、
 
定期預金より
全然いいのは明らかだと思います。
  
森村は、
副業時代にこの事に気付いて
貯金よりも商品価値の下がりづらい
中古品の在庫を増やしていきました。
  
そして、
気付いたら副業で月に80万円以上
稼げるようになってたんですね。
  
アンティークや骨董品・美術品の
ジャンルって目利きや経験が必要なんですが
 
これって
やればやるほどレベルアップできます。
  
検索エンジンのロジックが変わったからとか
販売プラットフォームの方針が変わったとかで
稼げなくなったりするわけのものではないので
  
このビジネスは、
世界中に昔からあるビジネスですしね。
 
という感じで
森村は将来的にも安心できる
状況を手に入れた分けなんですが
 
今はこれを
スタッフを雇用して
ほぼ自分で何もしなくてもまわる組織を
作りました。
  
こうなると
不安になるのは
そのスタッフがいなくなったらどうなるの
って話で
  
また、
たらればな話がでるのですが、
 
そうしたら、
また新たに収入の柱になる
ビジネスを作っておけば
どちらかのビジネスに何かあっても
安心ですね。
 
そして、
森村が思ってる答えなんですが、
 
常に何か不安を解決することを
続けることが将来の不安を払拭し
安心できる唯一の方法なんじゃないかな
って思ってます。

【ひとり物販は気楽?だけれども】

こんにちは
森村です。
  
セミナーの懇親会などで
よく聞かれる質問で
  
森村さん!
そんなにスタッフ抱えて大変じゃないですか?
  
この質問多いのですが、
森村自身、正直言うと
そんなにスタッフを抱えてるなんて思ってもいません。
  
森村の会社は、
フルタイムの正社員2名と
学生アルバイトとパートで5名。
人数で言えば合計7名いますが
 
世の中の会社から比べれば
吹けば飛ぶような零細企業です。
  
確かに
副業で一人でやられてる方から見れば
社員を雇ってるって言うだけで
大変そうに見えるのだと思いますが、
  
会社と考えると
森村の会社なんてまだ
創業間もないひよっこ会社です。
  
では、
なぜ人を雇用してまで
事業をしているのか?
  
実は、
森村は管理職が長いので
組織運営は得意だと思ってます。
  
はっきし言うと
人を雇用するというのは
特に正社員の雇用は
非常に社会的に重い責任があります。
 
だけれども
  
スタッフを雇用して
最近しみじみよかったと思うのは
  
森村も40代に入って
体力や集中力の低下をひしひしと
感じてるわけで
  
事務処理やデーター入力。
  
具体的に言うと
出品業務などは、
若いスタッフにはかないません。
  
それに
物販では当たり前になってる
スマホ対応。
  
これなんか特に
若いスマホ世代に
我々で勝てるわけもないのです。
 
今回、
何がいいたかったかと言うとですね。
  
ひとり物販って気楽でいいです。
  
ただ、
自分が歳を取ってその業務を
続けられるか考えて見てください。
  
そのために
今から人を使った
ビジネスもできるように
経験を積むのもいいんじゃないかなと
思います。
  
もちろん
人を採用すると苦い経験や
ストレスもたくさん経験すると思います。
  
ただ、
それと引き換えに
人生経験として得られるものも
多いと思います。
  
もちろん
人を採用したからこそ経験できる
楽しい事もたくさん
あると思いますし
  
スタッフがいるからこそ
出来る事っていうのもあります。
  
森村も
スタッフがいるからこそ
今、いろんな新しい事に
チャレンジできたり
海外に行ったりできてるんだと
思います。

【女子大生二人採用しました!】

こんにちは
森村です。
  
昨日、うちに来てくれてる
アルバイトの子の紹介で
来月から2名女子大生のアルバイトを採用しました。
  
今年の4月に正社員を2名採用してるので
アルバイトとは言え、
2名もいっぺんに更に採用って
結構厳しいのですが採用することにしました。
 
新人採用すると
教育をしないといけないので
実は短期的に人件費は多くかかります。
  
教育するスタッフの人件費と
アルバイトの子の人件費
  
しかも、
教育期間中は2人分の人件費で
1人分の仕事量にもなりません。
  
あたりまえですね。
仕事を教えながら業務をするわけですから
  
なので、
いままで森村の会社では、
一度に2名のアルバイトを同時に採用って
あまりやらなかったのですが
  
うちに来ている子の紹介って
普通に求人広告だして
採用するアルバイトより
優秀な子なんです。
  
優秀な子の紹介って
大抵いい子がきます。
   
しかも、
そんな優秀な子が
無名な小さな森村の会社に来てくれるわけです。
是非、採用したいわけです。
  
自慢ですが、
ここ最近新卒採用は非常に難しく
特に中小企業では広告だしても採用できないのに
  
森村の会社には
有名大学卒の新卒社員を
今年2名も採用できました。
かなり優秀です。
  
この2人は、
アルバイトで森村の会社に来てくれていた
子達なので
森村の会社に入ってくれたわけですが
  
うちのスタッフは
創業時よりすべて紹介で採用しています。
   
そして、
自然といい子がいると紹介してもらえる
雰囲気ができています。
   
なので、
この流れは止めたくないなって思ってます。
なので今回2名採用したわけです。
   
二人とも
良さそうな子です。
  
アルバイト2人分の人件費くらい
森村が頑張ればなんとかなると思ってるので
それに最悪、
森村の給料を少し削ればいいだけですしね。
  
それよりも
やる気のあるスタッフが
うちに来てくれる
   
そっちの方が
森村的には嬉しかったりするわけです。
会社経営してよかったなと
  
さて、
やる気がでてきたので
お仕事頑張ろうと思います。