【非効率化のススメ】

こんにちは
森村です。
 
セミナーの交流会で
質問に多いのが
 
業務の効率化のお話
みなさん効率化の話好きですよね。
 
外注化するにはどうしたらいいですか?
 
とか
 
FBAしたいんですが
 
とか
 
みなさん楽をしたいんですね。
 
物販で一番効率化をしてる
有名企業ってどこだと思いますか?
 
物販実績者に人気の
アマゾンですよね?
  
効率化を進めるとですね。
いずれこうゆう会社と
バチバチしないといけないんですよね
 
森村もたまに
アマゾンでアマゾンと価格競争してます。
  
なんか
プラットフォームのアマゾンと
価格競争しなきゃいけないって
今後不安になります。
 
相手はプラットフォーム側なので
ルールなんていくらでも変えられますしね。
 
ここまでいかなくても
効率化をすすめると
代理店や商社といった
人員も資金もある会社と価格競争しないと
いけないんです。
 
森村も月に2,000万円くらい売ってた頃は
こうゆう会社と価格競争していました。
 
そしてどうなるかと言うとですね。
だんだん薄利多売になっていく
 
そして
資金繰り
すなわちキャッシュフローが
キツくなるんですよね
  
なので、 
ひたすら仕入れて
ばんばん売る
 
ただの流れ作業となって
いずれ自分が何を扱ってるのか
わからなくなり
 
社内はですね
 
物販というより
倉庫会社化します。
 
毎日、出荷、出荷、出荷
入荷、入荷、入荷、、、
 
日々ひたすら
ルーチンワークのように
続く日々
 
楽しくない。。。
 
会社がこんな感じになると
優秀なスタッフって
なかなか定着しないんですよね。
 
森村が独立する際に
考えてたのは
 
少ない資金からスタートして
安定的にかつ長期的に稼げる方法
 
そして
ライバルと競争しないで済む方法
 
それが非効率化だったんです。
 
大きな会社は
人も資金もあります。
 
こんなとこと競争したら
独立したてのひよっこ会社は
確実に負けます。
 
なので
大きい資金も人員もいる会社が
やりたがらないこと
 
大きい会社が
参入しずらい小さな市場
すなわちニッチ市場です。
 
そして、
扱うには商品知識や
取り扱いが難しくめんどくさい
アンティークとか中古品ですね。
 
こうゆう分野って
商品知識と常連客がつくと
安定的に長く稼げるんですね。
 
しかも
その商品が自分が好きなものだったら
最高ですね!
 
趣味の合うお客さんと
お話して商品が売れる。
 
ストレスないですよね?
 
非効率化物販どうですか?
 
そんな戦略やエッセンスも
昨日より公開した森村の無料の動画セミナーには
詰め込まれてますので興味のある方は
ご拝聴頂けたらと思います。
 
http://buppan.tokyo/new/

【ライバルが少ないことはいいことだ】

こんにちは
森村です。
  
よくセミナーの交流会で
初心者の方の質問で多いのは
  
今から始めるなら
輸入、輸出どちらがいいでしょうか?
  
とか
  
欧米輸入、アマゾン転売、中国輸入、国内転売
はたまたOEM販売のどれから始めるべきでしょうか?
  
とか
  
アマゾン、楽天、ヤフオク、メルカリ、
BUYMA、ebayどこの販路がおすすめですか?
  
など
  
答えは、
どれから初めてもいいと思いますし
どれも稼げると思います。
  
ただ、
今現在どれが人気かと言うと
  
中国輸入や国内転売が人気なんじゃないかと思います。
販路は圧倒的にアマゾンですかね。
  
人気があるってことは
それだけ新規参入者が多い市場ってことですね。
  
実は、
新規参入者が多い市場って
稼ぎづらい場合が多いです。
  
森村がメインとしている
欧米輸入のebay仕入れヤフオク転売も
4〜5年前に人気に火がつき
ものすごい新規参入者が増えました。
  
新規参入者はノウハウやテクニックもあまりないので
すぐ安売りに走ってしまうので
  
どんどん商品の相場が下がってしまいます。
  
つまり
この時期って一番稼ぎにくい時期なんですよね。
特に新規参入者にとっては
  
はい、
森村もこの時期が一番稼ぎづらかったです。
平均利益率もこの時期が一番低かったと思います。
12%とか15%に落ち込んだ月もありました。
  
先日ある
対談収録をさせて頂いたのですが
今の欧米輸入ってどうですかって質問があって
  
森村、
今はほんと新規参入者も少なく
ライバルって呼べるくらい強いセラーがいないです。
  
かつて欧米輸入で有名になられた方々も
現在は他の手法や販路に移行された方がほとんどで
  
ヤフオク!には
現在、強いセラーがほとんどいないのです。
  
森村も実際、
利益率では過去最高水準で推移していて
平均で39.9%ほどあります。
  
欧米輸入が人気だった頃の
12〜15%の利益率とは大違いですね。
  
そして更に
ヤフーが昨年秋からユーザー増を狙って
大々的なキャンペーンをし続けてるので
新規購入者も激増しています。
  
なので1円出品の落札相場も
入札者の増加によって上昇してきています。
  
欧米輸入のヤフオク転売
今はかなり稼ぎやすいですね。
  
為替もいい感じに
円高基調になってきたので
儲かる商品も全体的に増えてます。
  
そして、
欧米輸入って
ネット物販の副業系でもっとも古い分野なので
ノウハウが確立していて
  
マニュアル的な基本のことはネットで検索すれば
ほとんど無料で公開されてるんですよね。
  
そんなこんなで
森村もですね。
  
無料動画セミナーを作ってみました。
  
そして、
1円出品で儲かる商品が紹介された教材も
期間限定で4月末まで配布させて頂きます!
  
うちの女子大生スタッフに
これ公開しちゃうんですか?
  
うちで売った方がよくないですか〜って
言われたのですが、
  
森村が仕入れる商品を
紹介しないと意味がないと思って
公開することにしました。
  
1円出品で儲かるマル秘商品解説付き森村の無料動画セミナー
  
森村が8年間も稼ぎ続けた
濃ゆいノウハウ。リサーチの基礎から戦略と考え方を
初めて公開しますので是非ご拝読頂けたらと
思います。

【卸仕入れに夢はあるか?】

こんにちは
森村です。
 
よくセミナーの交流会などで
頂く相談ごとなんですが
 
卸仕入れを強化していきたいです。
どうしたらいいですか?
 
先日の森村がサポートメンバーをしている
物販コミュニティのオフラインミーティングでも
グループコンサルの時に相談がありました。
 
まず、
卸仕入れをしたいと思う理由ですが、
 
・単純に売り上げを伸ばしたい
・効率化したい(リサーチ時間を短くしたい)
・優位な仕入れ価格で価格競争から脱却したい
 
大体、
この3つの理由から卸仕入れに挑戦したいんじゃ
ないかと思います。
 
単純に売り上げを伸ばしたいって前向きな姿勢なら
卸仕入れっていいと思います。
 
ただ、現状でうまくいかないから
卸仕入れっていうのは早計かなって思います。
  
卸仕入れにはメリットもありますが、
単純転売に比べてリスクもあります。
 
卸仕入れのリスクは取引先によって
まちまちですが、
 
一般的に
 
・まとまった数を仕入れる必要がある(お金がいる)
・現金先払いの場合が多い(クレジットカード使えない)
・同じ商品を大量に仕入れるための在庫リスク
・卸仕入れで儲かる商品は単純転売より少ない
(リサーチ力がいる)
 
卸仕入れって
一般的に数を多く仕入れないと安くならないし
それに現金先払いが基本です。
 
卸仕入れで儲かる商品を
見つけるにはebayやヤフオク、アマゾンなどの
プラットフォーム仕入れに比べ見つけるにも
時間もかかるし交渉も必要なので
 
難易度も高めです。
 
そして、
最大のリスクはですね。
 
代理店から卸の契約を取れたとしてもですね。
メーカーの意向などで契約打ち切りになる場合も
あります。
 
森村も昔、卸仕入れをバンバンして
月に2,000万円くらい売ってた時期があるのですが
 
ある人気商品を正規の代理店から
仕入れてたのですが、突如メーカーからの圧力が
かかり代理店からの契約を打ち切られてしまったんですね。
 
まあ、
当時バンバン安売りしてましたからね。
メーカーからすれば商品価値を下げられてるって
思ったんでしょう。
 
はい、
この契約打ち切りで
500万円くらいの月の売り上げが消失しました(号泣)
 
こんなことがあると
キャッシュフローがガタガタになっちゃうんですね。
 
ある程度、
物販で売り上げ上げてらっしゃる方なら
この危険性が分かって頂けると思いますが
 
ヤバイです。
 
なにがヤバイかと言うとですね。
月に2,000万円くらい売るにはそれなりに
経費もかかるのです。
 
仕入れの支払いはまあ
タイミングにもよりますが
 
仕入れも少なくなるので
工夫してうまくなんとかできると
思いますが
 
月々の事務所や倉庫、人件費などの経費とかって
すぐに減らせないんで
 
売り上げが一気に減ると
一気に赤字になるんですね。
 
売り上げが大きければ大きいほど
そのリバウンドのダメージは大きいのです。
 
そう、
卸仕入れって
意外とこんなリスクもあるんですよね。
 
それに卸仕入れをして儲かる商品って
ライバルが一気に強くなります。
 
単純転売の頃は
副業の個人や個人商店レベルのライバルが
一気に代理店や商社とかになるんですよね。
 
何を伝えたかったかと
言うとですね
 
卸仕入れも単純転売の頃と同じで
 
ライバルもいるし
価格競争もあるってことです。
そして、リスクも増えるってことです。
 
この場合の価格競争って分かりづらいのですが
1品1品の販売での価格競争ではなく
 
卸のロットが1,000個であれば
 
1,000個を売り切ったときの
トータルの売り上げと利益の競争です。
 
500個は定価で売れたとして儲かったとしても
新製品がでたりして500個売れ残りがあった場合は
最悪、損切りで売って500個は赤字になる場合も
あるってことです。
  
卸仕入れをしている業者同士での価格競争には
外から見えない残り在庫数の駆け引きや
仕入れ量による仕入れ金額の違いで
   
表面上では分からない価格調整と在庫バランスの
駆け引きという競争があるんですよね。
 
で、なんか
卸仕入れのデメリットが強調されてしまった
感じもあるのですが
 
卸仕入れに夢はあるのか?
 
あります。
 
売り上げをどかっと上げるには
卸仕入れは非常に有効ですし、
リスクを軽減する方法もあります。
 
そのためには、
卸仕入れでも継続的にリサーチも必要ですし
リスクをとっていく必要もあります。
 
このレベルになると
リサーチって言葉よりマーケティングって
言葉のほうがしっくり来ますね。

【大江戸骨董市の視察】

こんにちは
森村です。
    
昨日は、
物販コミュニティのオフラインイベントに
参加のため大阪に行ってたのですが
    
今朝は、
東京国際フォーラムで開催されてる
大江戸骨董市を見に行ってきました。
  
▽大江戸骨董市

だいたい、
月に2回くらい
有楽町の東京国際フォーラムと
代々木公園で代わりばんこで
開催されてる日本最大規模の骨董市です。
  
日本の骨董品から
西洋アンティークまでと
商品の幅は広く
  
面白い商品や
珍しい商品がたくさんありました。
  
西洋アンティークなんかは
ebayの値段に比べてしまうと
かなりお高い値段で売られてました。
  
あの値段で売れたら
すごい儲かるんじゃないかなと
思ったわけですが
  
まあ、
アンティークって
そんな数売れないんですよね。
  
森村の予想なんですが
数個〜数十売れるだけで
出店費用+アルファ稼げるような
値段設定なんだと思います。
  
それに
各店主さんの知識もかなり
豊富な方が多く
  
知識なしで出店するには
ちと厳しそうな雰囲気がありました。
  
今日は、
雨だったので客足は少なかったんだと
思いますが、
  
本来、雨天中止みたいですが
今日は小雨だったので
開催になったみたいです。
  
常連客の中には
雨だから来場を取りやめてる方も
多いんじゃないかと思います。
  
客層は、比較的に
年齢層高めで前回参加した
フリーマーケットと違い
場所柄かおしゃれな方が多かったです。
  
おそらく
このあと銀座とかでお買い物や
食事をして帰られるのかな?
 
あと外国人の団体さんとかも
見に来ていて観光コースとかにも
なってるのかもしれませんね。
    
西洋アンティークとか
得意な方は出店検討されても
いいんじゃないかと思います。
  
ちなみに出店には
古物商許可証が必要です。
  
ただし、代々木公園出店は、
100%海外仕入れであれば
許可証なしで出店できるみたいですね。
  
追伸:帰りに市場調査の為、
ヨドバシカメラにも行きました(笑)
国内せどりはしてないですが、勉強になります。

【1円出品で儲かる商品しか仕入れるな!】

こんにちは
森村です。
 
少し前に物販のセミナーの交流会で
一緒になった方からこんな話を聞きました。
 
この方は昔、
ある物販の塾に参加されていた方で
そこで講師の方から
 
1円出品で儲かる商品しか仕入れてはいけないと
教わったらしいです。
  
ほ〜
 
それは凄いと思い
 
して、その方法は?
 
と立て続けにその方に聞いたら
ひたすらリサーチして気合いで見つけろと
言われたそうです。
 
えっ?
 
え?
 
そんなー
  
って感じですよね。
  
1円出品というのは、
日本では主にヤフオク!
オークションでの出品形式のひとつで
出品価格を最低価格の1円にすることで
入札者の注目を集め、売り切る出品方法です。
 
よほどの事がない限り
必ず落札日には落札される出品方法です。
  
なので、
1円出品で儲かる商品というのは
ある意味、最高に商品回転率の早い商品です。
 
こんな商品が大量にあったら
すぐ大金持ちになれますね。
  
では、この講師の方が
おっしゃってる1円出品で儲かる商品しか
仕入れてはいけない!ということは可能だろうか?
 
森村の場合、
8年ほどヤフオク!をメインとしている
分けなんですが、
 
結論から言うと
可能です。
  
森村、
実は毎月数百商品を1円出品しています。
そして黒字なので、理論上は可能です。
 
そして、
気合いがあれば月に数百個くらいまでなら
一人物販でも可能です。
 
おお!
じゃあ俺もやろうって思った方
いますか?
 
待ってください。
 
これ、
できるんですが
 
まず、
リサーチ力があって
初めて可能になります。
 
え?
 
では、
初心者に無理なんでしょうか?
 
おそらくですが、
この講師の方は初心者から
一気にのし上がった方だと思うので
出来る方はいます。
 
実際、
ネット物販で有名な方々で
この方法で一気にのし上がった方々
結構いらっしゃいます。
 
このあたりのことが、
気合いという言葉になってると思うのですが
もう少し分かりやすい言葉で言うと
 
リスクをバンバン取れということを
この講師の方は伝えたかったんじゃないかと
思います。
 
そして、
リスクが取れるくらい
自分が納得するくらいリサーチしろと
伝えたかったんじゃないかと思います。
 
1円出品って
最悪1円で落札される場合もあるわけで
初心者にとって凄く怖いんですよね。
 
この心のリミットを解除するのが
1円出品で儲ける最初のハードルなんですが
  
普通の人は、
なかなか超えられないんですよね。

【月初1日の仕入れ方について】

こんにちは
森村です。
 
今日は、エイプリルフールなわけですが
特にネタ的な話は浮かばなかったので
いつも通り物販ネタを書きますね。
 
森村は、
今でこそ現金仕入も増えていますが
まだまだクレジットカードの仕入れがほとんどです。
なのでクレジットカードの締め日は気になります。
 
森村がメインに使ってるクレジットカードは
月末締め翌々4日払いなので
 
1日に購入した商品は、
なんと2ヶ月プラス4日後に商品代金を
支払えばいいのです。
 
ネット物販をやられてる方には
おなじみの話でしょうが
 
商品を仕入れて
カードの支払日までに商品を売って
資金回収していれば
自分の資金をいっさい使う事なく
ネット物販ができてしまうって事です。
 
昔流行った
ebay輸入→ヤフオク転売での
1円出品なんかがそうですね。
 
キャッシュフロー上もいいので
森村の会社では、大体25日くらいから
仕入れを抑えて
 
そのかわりに1日に多く購入するように
仕入れを調整しています。
  
また、
ebay仕入れの場合は。
ebayのキャッシュバックプログラムの
ebaybucksの締め日が月末なので
日本の1日は、アメリカの月末になるので
1日の午後までの仕入れは月末の購入となるため
ebaybucksの年4回ある締め日の駆け込みにも
効果があります。
 
ちょうど
3月末はebaybucksの4半期の締め日なので
日本で1日購入した分のebaybucksは、
4月3日に使うことができるようになります。
 
これは、
たいした金額にはならないかと思いますが
キャッシュフロー上いいですね。
 
そんな理由から
1日の仕入れって意外と
重要な意味があるのです。
 
もちろんこれは
クレジットカードの締め日の関係上の話ですので
みなさんのクレジットカードの締め日に合わせて
仕入れの強弱を付けて
キャッシュフローを改善してもらえたらと思います。
 
でも、
月末締めのカードが一番多いと思いますので
森村と同じケースの方が一番多いと思います。
 
さて明日は、
森村がサポートメンバーをしてる
BUPPAN!!という
物販コミュニティーの集まりのため
大阪に行きます。
 
森村の記事を読んで頂いてる方のなかには
かなり多くの方がBUPPAN!!に参加されていると
思います。
 
明日はグループコンサルもあるみたいなので
もし森村の今までの記事などで質問がある方いらしたら
お気軽にお声がけくださいね。
もちろんそれ以外でも
 
やっぱり
同じ物販をやってる方との交流って楽しいですね。

【仕入れの精度を上げる方法】

こんにちは
森村です。
 
今月の連休前から
仕入れをお休みしている
森村ですが
 
そろそろ
仕入れを再開しようかと思ってます。
 
仕入れを担当してるスタッフと
打ち合わせをしていたのですが、
 
来月は、
担当カテゴリーの仕入れ商品数を
少なくして、
その減らした分を新規商品の仕入れに充てる
という感じで仕入れをしていこうという
方針にしました。
 
ようするに
仕入れ精度を上げていくということです。
 
どうゆうことかと言うと
  
例えば、
毎月別々の商品を10個の商品を
仕入れてるとします。
 
仕入れに慣れていたとしても
その商品の利益率はまちまちで
前にもお話した通り優れたバイヤーでも
仕入れた商品すべてで利益をだすことは
できません。
 
例えば10個のうち
 
2個は利益率50%で売れました。
2個は利益率40%で売れました。
2個は利益率20%で売れました。
2個は利益率0%で売れました。
2個は利益率−20%で売れました。
 
こんな感じで売れてたとすると
すべての商品の原価が仮に一緒だとすると
トータルで十分に利益はでていますよね?
 
仕入れ精度を上げていくには、
利益率の低い商品の仕入れを少なくして
高い商品を増やしていけばいいのですが
 
理屈では単純なんですが
そんなこと簡単にできれば苦労しませんよね?
 
森村の会社の場合、
仕入れを担当する子には、
月間仕入れ目標額というのがあります。
 
物販の場合、
目標売り上げを達成するには
無在庫販売を除いては仕入れをしないことには
目標売り上げを達成する事はできません。
  
例えば、
うちのスタッフの仕入れた商品の
平均利益率が20%だとすると
200万円の売り上げを達成するには
商品ごとの商品原価などのばらつきなど
他にも考慮することはあると思いますが、
だいたい160万円くらいの仕入れが必要になります。
 
なのでこの場合、
160万円が目標仕入額となります。
 
そして、
今回、森村の会社の場合ですと
この目標仕入れ金額を120万円に絞り
40万円を新規商品で仕入れなければいけないという
感じにしたということです。
 
この40万円の仕入れって
新規に充てるわけなので
場合によっては
平均利益率を下げてしまう場合もありますが
 
何もアクションを起こさなければ
現状は何も変わらないので
 
売り上げを上げたいとか
利益率を上げたいと思ったのならば
何か変えないといけないんですよね。
  
新規リサーチって
いままで仕入れたことがある商品を
リサーチするより遥かに時間がかかります。
 
なので、
リサーチの時間配分を多くするって
ことにもなります。
 
ようするに
その労力が利益率を高めるということです。
 
もちろん
そこはリサーチの精度に依存するのですが
リサーチの精度を上げるには経験が必要なので
結局、仕入れの精度を上げるには
時間の投資が必要になります。
 
何を伝えたかったかと言うと
仕入れの精度を上げていくためには、
常にリサーチ時間への投資が必要になるということです。
  
逆にこのリサーチのサイクルを止めると
利益率は、どんどん低下していっちゃうんですよね。

【楽しく稼ぐ環境づくり】

こんにちは
森村です。
 
昨晩は、
学生スタッフが卒業のため
バーベキュー送別会をしました。
 
学生スタッフ4名が今月卒業式を迎え
そのうち2名は、
来月からうちの社員になってくれるのですが、
みんないい顔してました。
   
森村は、
働いていて楽しい
ストレスフリーな会社を作りたいなと思って
今回、2度目の起業をしました。
 
人生の中で
重要なことってなんだと思いますか?
 
お金を稼ぐこと?
 
違いますよね。
 
お金は、何か目的を達成するために
必要なものであって本来目的ではないはずです。
 
価値観は人それぞれだと思いますが
森村は人生という限られた時間を
楽しく充実した時間を過ごすことだと思います。
 
そのために
大なり小なりのお金は必要です。
 
人生の中で一番多く使う時間は、
睡眠です。
  
そして、
多くの人が2番目に多いのが
働く時間、労働時間です。
 
この、1、2番の時間が
人生のかなりの時間を占めています。
  
睡眠時間は、
生きていくために必要な時間で
あまりコントロールできませんが
 
働く時間は、
自分で選ぶことができます。
 
職業や働き方
 
もちろん
選択肢を広げるためには
それ相応の対価が必要です。
 
いい大学を卒業しないと就職できない会社。
専門的な資格を取得しないとなれない職業もあります。
 
ただ、
働き方の選択肢は、
自分で独立したり会社を作ったりしないと
そんなに多くないように思います。
 
今回、
学生スタッフ4名が卒業を迎えたのですが
長い子は、会社創業前から3年ほど
短い子でも1年と学生のアルバイトとしては
かなり長く勤めてくれたと思います。
 
そして、
そのうちの半分は社員になってくれます。
まだ、出来たばかりの森村の会社にとって
それってすごく嬉しいことだと思います。
 
長く勤めてくれるってことは
スタッフが森村の会社に何か価値を感じて
くれてるのかなと思います。
 
その結果、
森村も楽しく働きつづけています。
 
なので、
人生のなかで多くの時間を使う
働く時間が充実してるので幸せです。
 
そして森村は創業から
一度も怒ったことがありません。
 
なので、
創業時に目標としていた
ストレスフリーも実現できています。
 
それも
スタッフに恵まれてるから
実現していることですね。
 
スタッフのおかげです。
  
自分が楽しく稼ぐ環境を作りたかったら
自分の周りの人が楽しく働ける環境をつくるのに
努力することが一番なんだと思います。
 
それが廻り回って
自分に帰ってくるんですね。

【毎月の売り上げ安定していますか?】

こんにちは
森村です。
 
独立を考えるときに
毎月の安定収入って考えますよね?
 
家のローンや家賃は、
毎月でていきます。
 
食費もかかりますね。
 
携帯代とかも
 
子供がいれば、
毎月の養育費。
 
なので、
今の生活を維持するには
毎月の安定収入が必要になります。
 
毎月の安定収入を得るためには
物販であれば安定した売り上げと利益が
必要になります。
  
もしくは、
季節ごとにどかっと売れる商品を
販売して1年分を一気に稼ぐ
という方法もありますが
 
あまりおすすめはしません。
もし、その商品が売れなかった場合は
悲惨なことになりますからね。
  
森村の場合、
独立する際に
毎月の安定収入をどう得ていくか
非常に考えました。
  
家庭があれば
家に入れる毎月のお金って
あるかと思いますが
 
今月、売り上げが少なかったから
家に入れるお金ないよって
 
なんて、
奥さんに
なかなか言えないですよね。
 
とは言え
毎月、売り上げを安定させるって
難しいですよね?
 
特に季節商品を
扱ってる方なんかは売り上げは
安定しないですよね?
 
例えば、 
五月人形のような季節商品だと
売れるのは3月〜4月くらいだと
思います。
 
人形屋さんは、
1〜2月にひな人形を販売して
その後に3〜4月で五月人形を販売します。
 
そうすると
他の月って何を販売していると
思いますか?
 
人形の久月なんかの有名な大きな人形会社は、
通年でひな人形や五月人形は売っていますが
おそらくシーズン以外はほとんど売れないと思います。
 
もちろん、
伝統的な日本人形なんかも製造しているので
今だと観光で訪れる外国人の方が
お土産で買っていくのかもしれませんが
 
ひな人形や五月人形ほどの
売り上げはないかと思います。
 
実は、
森村の地元には、
人形屋さんや玩具の製造メーカーの
卸が多いのですが、
 
中小の人形屋さんは、
5月人形の販売が終わると
花火を売ってるお店が多いです。
 
そして、
花火の後はなんだと思いますか?
 
なんと!
 
最近では、
ハロウィン関連の仮装や飾り付け商品です!
 
そして年末は、
クリスマス用品。
そして、正月の飾り付けとなります。
 
人形屋さんは1年を通じて
季節商品で回してるのです。
 
すごいですね。
 
何が言いたいかと言うとですね。
売り上げを毎月安定化するためには
複数ジャンルの商品の販売が必要になります。
 
もちろん
季節に関係ない商品というのも
たくさんありますが、大なり小なり
売れる時期ってのはあるかと思います。
 
なので
今、ご自身が扱ってる商品は
いつ一番売れるのか?
 
いつが一番売れないのか?
 
では、
この売れない時期に
売れる商品ってなんだろう?
 
って考えてみるのも
売り上げを安定化させるヒントのひとつに
なるんじゃないかと思います。
  
一度、そんなことを
考えて見るのもいいのかもしれませんね。

【展示即売会に出店してみました。】

こんにちは
森村です。
 
昨日は、
福島での物販の飲み会から
深夜バスで早朝に東京に帰って来ました。
 
強行軍を強いてまで東京に戻った理由は
 
昨年から
少しずつ出店を増やしてる
展示即売会に参加するためでした。
 
展示即売会って
そもそもなんなのかと言うと
 
デパートなどの催事場で
工芸品や美術品、古書などを
制作者やメーカー、お店などが
直接期間限定で販売する催しものなんですが
 
展示即売会って
どんなメリットがあるかと言うと
会の主催者が集客をしてくれるので
その会の主旨に沿った商品を扱ってる人にとって
効率的に見込み客にアプローチできます。
 
会の主催者には、
業界団体や出版社、デパートなど
非常に集客力のある方が
主催してることが多いです。
 
展示即売会に出店するには
出店料などの参加費や売り上げマージンを
主催者に支払う必要がありますが、
 
即売会の規模や主催者の集客力によっては
十分に元を取れる展示即売会も多々あります。
 
そうそう、
東京ビックサイトなんかで
年末や夏に開催される同人誌の即売会
コミケなんかも展示即売会ですね。
 
展示即売会はネットと違い
商品の展示スペースに限りがあるので
商品構成が非常に重要なんですが、
 
いままで売れ行きのよかった商品など
いろいろ分析して商品構成を
考えて今回出店したのですが
売り上げが前回比の60%程度。
 
価格の値ごろ感や
客寄せ用のレア商品の展示など
いろいろ工夫したのですが
それでも売り上げ大幅ダウンでした。
 
原因は前回は年末だったこともあり
来場者のお財布の紐が緩くなっていたのかなと
森村的には思っています。
 
来場者数は前回よりも多かった気もするのですが
 
なかなか上手くいきませんね。
 
今回の収支ですが、
出店費用や細かい備品などの経費、
アルバイト代など入れて計算すると
今回はトントンくらいでした。
 
とは言え
我々みたいなネット販売専業者にとって
リアルでお客さんに触れ合う機会って
滅多にないことなので
 
お客さんが
今何を求めてるのか?
 
どんな商品を探してるのか?
 
いろんなリアルな生の情報が貰えるので
売り上げ以外の
メリットもあったりします。
 
もちろんショップカードを用意して
ネットのほうで購入してもらえるように
誘導することもできます。
 
展示即売会に来場される方って
かなりの見込み客ですので
今後の常連客の獲得にも
非常に有効なんじゃないかと思ってます。
 
今後も
展示即売会への参加は
強化していこうかなって思ってます。
 
あと、
こうゆう機会って実は
スタッフの教育にも役立つなって
お客さんのリアルな反応って
ネットの数倍勉強になると思います。
 
なので、
もしあなたの扱ってる商品で
展示即売会などがあれば、
一度視察されてみてはいかがでしょうか?
 
その後、
出店されてもいいですし
行くだけでも勉強になると思います。
 
展示会によっては
実はネットより安く商品が販売されてる場合や
メーカーが直接販売してる場合もあるので
仕入れ先が見つかる場合もあります。
 
展示即売会おすすめです。
一度見に行ってみてください。