【気軽にアドバイスをもらえる環境をてにいれよう!】

こんにちは
森村です。
    
ネット物販をするにあたって
昨今はググれば大抵のことは
無料でわかる時代ですが
   
とは言っても
いきなりアマゾンやヤフオクから
出品停止のお知らせが届いたら
かなりパニックになったりしますよね??
   
森村も
かつてヤフオクで
出品制限をもらったことがあります。
   
最初は、
ほんとびっくりしました。
なにせなんで出品制限にかかったのかも
わからないからです。
   
当時のヤフオクは、
今ほど親切じゃなかった気もします。
   
もう、
どーしたらいいか
周りに聞ける人もいなくて
ネットで検索しまくっても
多少はそういった状況の情報は
ネットにあったのですが
どの情報が正しいのか?
まったくわからない状況で、
   
この制限が解除されるまでほんと
もうドキドキでした。
   
当時は副業でしたが、
それでも月に50万円くらい利益がでていたので
それはもう、、、
不安でした。
   
結局は、
ヤフオクにメールをして
数日たって
なぜ出品制限になったのかを
教えてもらえるメールがヤフオクから来て
その後すぐに謝罪メールして
今後このようなことが
ないように注意していきます。
みたいなメールをしたら
1週間ほどで出品制限は解除されたのですが
   
その出品制限が
解除されるまでの間は
生きたここちがしなかったですね。
   
今は、
いろんな物販の塾やコミュニティーが
あるのでそういったのに参加していると
いろんな問題など起きてもその対処方法を
すぐに教えてもらったりできるので便利ですね。
   
何度か
書いてるかと思いますが
森村もBUPPAN!!という
物販で稼いでる現役プレイヤーが集まる
第1期の募集で300人以上のメンバーを集めた
業界最大規模の物販コミュニティーで
サポートメンバーとして参加しています。
   
森村は、
現在、塾などはやっていないので
森村が物販系のコンテンツを提供してるのは
このBUPPAN!! だけになります。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆「本物」 が集まる 物販コミュニティ BUPPAN!!

ちなみに森村が提供してるコンテンツで
一番人気は
”下町はしご酒”という
不定期の飲み会ですが、、、
   
物販で稼いでいる人たちと
お酒を飲みながらおいしい肴をつまみながら
物販話をする会です。
   
まあ、お酒の勢いなのか、
みんな濃いネタ暴露しまくりの会です(笑)
   
お店は森村チョイスなので
いつもFBを見て頂いてる方には
お判りでしょうが森村が自信を持って
おすすめできるお店をチョイスしています。
こちらも多くの参加者から好評頂きました。
  
もし興味ある方は、
BUPPAN!!に参加頂き飲み会に
参加頂けたらと思います。
   
もちろん純粋に物販について
森村に話を聞いてみたいって感じで
参加してくれたら嬉しいです。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   
BUPPAN!!新規募集詳細はコチラから

【効率化を求めるとリスクが増える?】

こんにちは
森村です。
  
物販って
仕入れ、検品、出品、顧客対応、発送
って結構面倒くさいですよね。
 
しかも
これを副業でやろうとすると
自分一人でこなさないといけない。
  
森村も
副業時代は、
会社から帰ってから
出荷作業をしていたので
毎日台車を押してコンビニまで
何回も荷物を持って行ってました。
 
当時は、
売れたら売れただけ儲かるので
そんなに辛いって感じたことは
なかったのですが、
  
今思うと
当時は発送量も結構多くて
仕事帰ってから
顧客対応して梱包して
発送を自分一人でやるって
大変だなあって思います。
  
そんなこと考えると
アマゾンのFBA なんて
楽でいいですよねー
  
一度まとめて
アマゾンの倉庫に送ってしまえば
あとは全部アマゾンがやってくれます。
  
それに
アマゾンは出品も
ヤフオクなんかに比べて
簡単です。
  
森村も
初めてアマゾンに
出品したときには
あまりの簡単さにびっくりしました。
  
そんなこんなでアマゾンは
物販ビジネスとして人気なんですね。
  
でも、
やっぱみんな効率的に
簡単に稼ぎたいって
思うんでしょうが、
  
多くの人が
そう思うために
  
アマゾンでの販売は
非常に競争が激しいです。
  
単純転売、
海外のアマゾンで仕入れて
国内のアマゾンで販売するとかだと
  
すぐに
価格は下落します。
  
アマゾンは自動価格調整ツールとかも
豊富で自分が価格調整したら
すぐにライバルも価格を下げてきます。
  
あきらかに
ツールを使ってるんじゃないかな?
って感じでこちらが価格下げたら
すぐに下げてくるって感じの商品も
多いですね。
  
効率化を求めていくと
ライバルが単純に
増えるんですね。
  
もしくは、
大きな資本を持ったライバルに
ぶち当たったりします。
  
大量仕入れでライバルより
安く仕入れられるところですね。
中国輸入には多いかな。
  
効率的に
簡単に手間がかからないってことは
逆にライバルも多いので
儲けるのは意外と難しかったりするんですよね。
  
逆に手間がかかって
面倒なことって
ライバルも少ないので
儲けるのは簡単だったりするのかもしれません。
  
実は、
森村は独立開業するときに
手間がかかって面倒なことをやろうって
常々思っていました。
  
なぜかと言うと
  
独立した際、
毎月ある程度決まった利益を確保出来ないと
精神衛生上悪いですしね。
  
今月は儲かった!
その次の月はライバルが増えて
不良在庫増えて赤字!
  
なんて
経営状態だと
落ち着いて仕事できないですからね。
ストレスも溜まります。
  
とは言え
効率化を求めるのはいいことだと
思いますが、
  
効率化や手間がかからない
自動化とか求めると
  
それに伴って
知らずにリスクなんかも
増えてたりするんですよね。
  
重要なのは、
効率化に対するリスクを
理解しつつ
  
単純に
効率化や自動化を求めるのでは
なくて
  
自分が本当にやり易い
仕組みを選択して
自分のビジネススタイルを
作る事なのかなって思います。