【プレジデンツデーセールをチェックしよう!】

こんにちは
森村です。
 
アメリカのネットショップで
お買い物をしたことがある人は、
そろそろメールボックスに
 
“PRESIDEN’S DAY SALE”の
お知らせが入ってるかもしれませんね。
 
アメリカのセールで一番有名なのが
”ブラックフライデー”と呼ばれる
11月の最終木曜日の翌日から始まる
年末のセールです。
 
この時期から翌年の1月まで
長いセール期間が続く分けですが、
 
1月のセールは年末の売れ残りの
最終処分という感じで商品的には
大体目新しさがない感じなんですが
 
この年末年始のセールのあとに
ひと区切りして開始されるのが
このプレジデンツデーセールなんです。
 
もちろん
ブラックフライデーほどの
派手なセールではないのですが
そろそろ春物商品がでてくるので
そういった商品の仕入れに
活用するには非常にいいタイミングです。
 
ネットショップなどでは
クーポン使えば10%オフとかの
いち律セールを実施するとこもあるので
春商戦の仕入れに上手く活用したいですね。
 
クーポンのお知らせは
ネットショップからのメールで
お知らせが届くので
気になるネットショップがあれば
サイトのメンバーに登録しておくといいですね。
 
ネットショップのクーポンや
セール時期の仕入れってライバルになかなか
補足されずらいので意外とおすすめです。
 
ちなみに
プレジデンツデーは、
米国初代大統領のワシントンの誕生日を記念して
作られた祝日だそうです。
 
ワシントンの実際の誕生日は
2月22日ですが、
祝日は2月の第三月曜日となっているそうです。

【米ドル110円台の輸入実績者の恩恵は?】

こんにちは
森村です。
 
昨日の為替相場は
すごかったですね。
 
一時ですが、
110円台に突入しましたね。
 
森村は、
FXはやってないので
よくわからないですが
 
FXやってる方は
修羅場だった方も多いのでは
ないかと思います。
 
今日は、
急激に円高になったときに
森村みたいに輸入実績している方が
どのくらい恩恵があるか
書いてみようと思います。
 
2月1日の円相場が1ドル121円でした。
そして今日は1ドル112円です。
 
2月1日には
100ドルの商品が12,100円で買えましたが
 
本日、
2月12日には
100ドルの商品が11,200円で
買えるようになりました。
 
たった10日ほどで
日本円ベースで考えると
900円値下がりしたことになります。
約7.4%の値下がりです。
 
もし
あなたのライバルが
2月1日に仕入れをしていたのならば
あなたは7.4%引きで同じ商品を仕入れる事が
出来るという事です。
 
単純転売の利益率が
15〜25%くらいなので
 
7.4%引きで商品を仕入れられる
インパクトの大きさがわかってもらえると
思います。
 
それと
忘れてはいけないのが
いままで
利益率10%くらいで仕入れの対象から
外していた商品がいっきに儲かる商品になるのです。
 
今回急激に円高になったことにより
10%→17.4%の利益率の商品になるので
いっきに仕入れ候補の商品ですね!
  
ということは
いっきに儲かる商品が市場に増えることになります。
感覚的には2倍以上儲かる商品が
増えてると思います。
 
なかなか
リサーチしても
儲かる商品が見つからないって
思っていた方がいたら
 
今日のレートで
リサーチしてみてください。
以前の2倍見つかりやすくなってるはずですよ。
 
前リサーチして
ちょっと利益率が低いなあって
仕入れなかった商品も思い出せたら
今日もう一度調べてみてください。
 
それは、
儲かるお宝商品になってるかもしれませんね。
 
さて、
森村はebay bucks2倍DAYが今日の夕方までなので
仕入れをもう少し頑張りたいと思います。
 
ebay bucks2倍DAYは4%の還元なので
為替ボーナスの7.4%を加えると
11.4%引きくらいのインパクトがありますね。
 
実際は為替手数料があるので
若干目減りしますが約10%オフくらいの
メリットはありそうですね。
そうそう、ebay bucksと
キャッシュバックサイトEBATESも
併用できるのを忘れちゃいけませんね!
 
2%以上のキャッシュバックがあるので
トータルで12%オフくらいになりそうですね!
 
仕入れが12%オフも出来たら
そうそうライバルに負けないですよね。

【急激な円高進行時の仕入れの仕方】

こんにちは
森村です。
 
今日もまた
ebaybucksの2倍DAYです。
最近多いですね。
森村的に嬉しい限りです。
 
そして!
今日のニュースで為替が
1ドル=112円台になったと
ニュースで流れました。
 
今月の1日に121円だったのが
一気に112円です。
たった10日間で約9円も
 一気に円高に進みましたね!
輸入実績者にとっては嬉しいですね。
 
ただ、ここ最近は為替の乱高下が激しいので
注意が必要ですね。
 
森村が、
こういったときの
仕入れをどう考えてるか
シェアしますね。
 
基本はebaybucksと同じで
急に円高に動いたときには
商品の仕入れを多くするようにしています。
 
目安としては、2日間くらいで
2〜3円くらい動いたときですかね。
 
それでどのくらいの効果があるかというと
 
1ドルが120円のとき
100ドルの商品は、12,000円です。
 
1ドルが117円になると
100ドルの商品は、11,700円です。
 
商品1個だと300円しか
変わらないのですが
この商品を10個仕入れるとすると
3,000円です。
 
こうゆう局面が月に3回あると
月間9,000円違ってきますね。
 
これでも
そこまで美味しくないと思うのですが
こうゆう買い方を習慣化できると
年間で単純計算で108,000円もの
利益に差がでることになりますよね。
 
森村の場合、この倍以上は
恩恵があると思われます。
 
もちろん
為替は予想できないので
今月のようにほぼ11日の間一回しか
円安に反発しないケースもありますが
大きく急に円高にむかっていってる場合は、
実は輸入販売実績者にとっては
稼ぎどきなんですよね。
 
それは、
市場価格が急激な為替変動に追いつくのは
通常半年くらいかかるのです。
大手商社などが
為替予約というのを使ってたりと
いろいろ理由はあるのですが
 
その辺は、ネット検索すると
今の状況とは逆に
急に円安に振れたときの
物販の情報発信してる方の
過去記事を読まれると書かれてる方が
何人もいるので裏が取れると思います。
 
なので、
輸入物販実績者にとって
今は仕掛けどきなのかもしれませんね。
 
そして、
今日は合わせて
ebay bucksの2倍DAYです。
 
森村的には
仕入れ日和なのです。
それでは仕入れに戻りますね。
 
物販は、
少しずつの利益の積み上げが
大事です。
 
いろいろ工夫してみてくださいね!

【アンティークを仕入れない方がいい理由】

こんにちは
森村です。
 
昨日、森村がサポートメンバーを務める
BUPPAN!のコミュニティー投稿では
ロンドンのアンティークマーケットの魅力を
紹介していた訳ですが
 
なのに
このタイトル
【アンティークを仕入れない方がいい理由】
 
え?
 
って思われた方も
多いんじゃないかと思います。
 
アンティークやビンテージの魅力って
好きなひとには扱ってて楽しいって
言うのが最大の魅力ですが
 
また一方で
その高い利益率だけに魅せられて
アンティークに手をだして
失敗する方も多いのも事実です。
 
アンティークの知識を磨くには
とにかく実物を見て触って
売って失敗して
偽物をつかまされて大損して
お客さんに怒られて
 
ようやく安定的に
利益をだせるような商品です。
 
ただ逆に
アンティークなどのコレクター商品は、
リピーターが付きやすいので
一度、お客さんの信頼が付くと
安定的に売り上げ利益を計上できるのも
魅力です。
 
短期間で売り上げ利益を上げたい!
って方には向かない商品ですが
 
長く安定的に利益をあげたいって
方にはおすすめの商材かもしれません。
 
アンティークの最大の参入障壁は
商品知識です。
 
なので、
だれでも長く続ければ
結果は出やすいのかなと思います。
 
アンティークを極めるには
商品と一緒で
ある程度期間が必要となるので
その商品が好きで
長くお付き合いできる方には
非常におすすめです。
 
アンティークは、
在庫として抱えても
価値が下がらないので
むしろ上がる場合も多いです。
 
なので、本業で忙しい方の
副業の商材としてもいいと思います。
 
さて、今日はこれから
ギフトショーに行って仕入れをしてきます。
何かネタがあったらアップしますね。

【イギリス仕入れってどうなの?】

こんばんは
森村です。
 
今、イギリスに向かう飛行機の中で
この記事を書いています。
 
今回、
特に仕入れというわけではなく
純粋に旅行で
イギリスに向かっています。
 
ところで欧米輸入転売っていうと
ほとんどがアメリカからの輸入が
メインだと思いますが
 
今日は、
イギリス仕入れについて
少し書いてみようと思います。
 
実際、森村も
そんなに多くはないのですが
イギリスから仕入れてる
商品があります。
 
イギリス仕入れは
アメリカからの仕入れに
比べてしまうと
あまりメリットはないのですが
 
アメリカと同じく
英語でコミュニケーションが取れること
そして、アメリカ人より遥かに梱包が丁寧!
なところは非常にいいと思います。
 
デメリットは
距離的な問題もあり
日本までの送料が高めです。
また、MyUSのような転送会社が
少ないので
数や量をたくさん仕入れて
送料を低くするような戦略はとりずらい
感じがします。
 
ここまで書くと
あんまりほんとメリットのないように感じますね。
 
とはいえ
イギリスから仕入れて儲かる商品は
実際結構あるのです。
 
イギリスは、
伝統や古いものを大切にする文化がある国で
ほんと、
いいものを長く大切に使う文化があります。
 
なので
非常に状態のいいアンティーク品が
数多く見つかります。
 
他にも
世界中に知られた
歴史ある高級ブランドも
数多くあります。
 
なので、
アンティークの仕入れや
ブランド品を仕入れるのにいいかも
しれませんね。
 
では、
そういった商品を日本にいながら
仕入れるにはどうしたらいいか?
 
イギリスのアンティークや
ビンテージ品なら
 
http://www.ebay.co.uk/
 
がオススメです。
 
本家のebay.comとどう違うの?
って思う方も多いかと思いますが
 
ebay.comで検索しても
出てこない商品がいっぱい見つかります。
ただし、その多くは日本へ発送してくれない
セラーが多いです。
 
もしそういった場合、
本当に買いたいなって商品があったら
セラーにebayからcontactしてください。
直接連絡すると意外と送ってくれる
セラーもいます。
 
昔、
あるブランド品を扱ってるセラーと
ebayのcontactから
仲良くなり定期的に商品を
仕入れられたこともあります。
 
ebay.comに比べると
ebay.co.ukは商品数がすくないので
その分儲かる商品の絶対数は少ないです。
 
ただ、その分イギリス仕入れしてる
ライバルは圧倒的に少ないので
もしかしたら仕入れの穴場かもしれないですね。
 
イギリスのアンティークや
好きなブランドがあるなら
あなたにとって
楽しく儲かる商品が
見つかるかもしれませんね。
 
にしても
イギリスは遠いです。
飛行時間13時間。。。
時差ぼけ大丈夫かな?
 
それでは、
イギリスでも何か
面白いネタあったらアップしますね。
 

アメリカの仕入れについて2

こんにちは

森村です。

昨日の記事の続きですが、

アメリカの現地仕入れですが

ある街の郊外で確実に儲かる商品を

いっぱい扱ってる

小さなアンティーク屋さんを見つけたのですが

ニコニコ愛想のいいお爺さんが応対してくれて

なにか気になるものがあったら言ってくれって

言われたので

そこに展示してある商品をそこからここまで

いくらで売ってくれますか?(お店の商品の三分の一くらい)

そしたら、

お爺さんびっくりしたらしく

目をまん丸くして

おいおい、そんなに商品売ってしまったら

お店を閉めなくちゃいけないよって言って

気になるの数個なら売ってあげるけど

と言って売ってくれませんでした。

おじいさんは、

半分老後の趣味でお店やってるみたいでした。

こうゆうコレクション性の高い

商品のお店は趣味でやってる方も多いみいたいで

こんなこともあるんですね。

アンティークやビンテージの仕入れの

現地仕入れは難しいなあって思いました。

とは言え

じゃあアメリカへの現地仕入れはダメなの?

というわけではないです。

商品によってはいけます。

森村は

昨年ニューヨークに出かけたのですが

商品をいくつか仕入れてきました。

どんな商品を仕入れたかというと

定番ですが、

アパレル、ファッションアイテムで

ニューヨークでしか手に入らないアイテムです。

こういった商品は希少性が高いので高く売れますね。

ただ飛行機で持って帰ってくるには大変なので

現地で別送したり

アメリカの転送会社を契約してる方は

そこに送ってしまうのがいいかと思います。

現地仕入れですが、

ニューヨークはさほど大きくないので

移動は地下鉄やタクシーを使えばかなり楽ですが

街中仕入れはかなり大変です。

仕入れなので大量に購入すると両手に荷物いっぱいで

しかも荷物抱えながらお店を見て回るのはかなり疲れます。

なので、

森村のお勧めは現地で購入代行してくれる方を探して

買い付けてもらうのをお勧めします。

森村も実はニューヨークに行った目的は、

買い付け代行してくれてる

パートナーの方に会うのが目的で

現地買い付けはついででした。

現地にいくと現地でしか売ってない商品も

多数見つかるので、

見つけたら買い付け代行してくれる方に

頼んで買い付けてもらうのがいいかもしれませんね。

次回は、

現地アウトレット仕入れいついて書きたいと思います。

追伸:写真は、ニューヨークのウォール街のシンボルの”チャージングブル”に円高になるようお願いしてきたときのものです(笑)最近はかなり円高に向かってるのでお願いかなったかな?

アメリカ現地仕入れについて  

こんにちは

森村です。

今日はアメリカ現地仕入れについて

書こうかと思います。

森村は、欧米仕入れをメインにしているのですが

過去に2度アメリカ現地仕入れを試みたことがあります。

森村はビンテージ品を数多く扱ってるので

アメリカの郊外にある大きな倉庫に

たくさんのアンティークを展示している

アンティークモールに買い付けに出かけたのですが、

森村が現地で思ったこと

安くない!

ebayより高いんじゃない?

そりゃそーですよね。

ebayは素人の方も出品してるので

家の不用品処分の感覚やお小遣稼ぎでやってるセラーと

プロのアンティークモールでは売値が違いますよね。

とは言えプロが買い付けたアンティークやビンテージには

ebayではなかなかお目にかかれない希少な品とかもあり

やり方によっては儲けられそうな商品もありました。

ただ、ebayでカチカチって仕入れをしてる森村にとって

アンティークやビンテージ品の

現地仕入れは非常に効率が悪いのかなって思います。

不慣れな土地での梱包や発送の手配など

非常にめんどうです。

そして儲かる商品を一点一点見て回るには時間もかかります。

中国の深圳のようにお店が一箇所に集中してればいいのですが

アメリカのアンティークモールは1軒1軒離れているので

現地でレンタカーでも借りないと無理ですね。

アメリカビンテージの現地仕入れは

あまり良くないのかなと思います。

ただ、この時現地のアンティークモールに

行って良かったことは

アメリカビンテージのトレンドがわかったことです。

ビンテージやアンティークにもファッションと一緒で

トレンドって言うのがあります。

アンティークやビンテージ品は数に限りがあるので

一度、人気になると一気に市場からなくなり

値段が高騰するのですが、

そうすると高いものはなかなか売れないので

アンティークモールも売るものがないと困るので

仕入れしやすくて売れそうなものを探して店に並べます。

いままでアンティークモールにはなかった

1980年代の比較的新しい商品なんか並べたりするんですね。

その中でお客様に気に入られた商品が

新たにビンテージ品の定番としてお店に並ぶのです。

こういったトレンドが現地に行くとわかったりするので楽しいですね。

次回は、

アメリカ現地仕入れに向いてる商品について書きたいと思います。