【セール時期の販売戦略!!】

こんにちは
森村です。
   
今月はほんといっぱい売りました。
会社の在庫棚もなんかスカスカしてきています。
  
こうなるとなぜか
どことなく不安が襲ってくるので
不思議です。
   
今月は売り上げもよく
好調なんですが、
  
商品を大量に売ったので
在庫が少ないので
来月の売り上げ大丈夫?
って感じで不安になってきます。
   
この不安って感覚は、
ビジネスが上手くいくようになると
不安ってなくなるものだと
ずっと思ってました。
   
でもそうじゃないんですよね。
この不安って感覚があるからこそ
正常にビジネスができるんです。
   
不安な気持ちが襲って来るから
何かしなきゃいけないって
行動し続けられるんでしょうね。
    
逆に不安を感じなくなったら
気が緩んで来てる証拠かもしれませんね。
     
そうそう、
物販やる際に利益率を気にすると思いますが
利益率って大体毎月平均してるものでは
なくてですね。
販売方法によってはバラ付きがでます。
  
7月のようなセール時期って
大抵利益率は低くなります。
  
みんながセールのため
値下げをするので
値下げしないと売れないんですよね。
     
その代わり
商品は他の月よりよく売れます。
 
なので
セール時期は商品が売れるので
こうゆう時に在庫処分ってするといいです。
  
実は、
ヤフオクなどのオークションは、
このセール時期のほうが意外と高めで
落札される場合が多いです。
  
ボーナス時期なので
入札参加者も増えるし
懐も暖かいので強気なんでしょうね!
  
セール時期の売り方のイメージって
  
とにかく在庫処分!!
在庫処分するとお客さんが集まってきます!!
ついでに高額商品や定番商品もよく売れます。
     
なので
通常の月より売上高は高くなり
そのかわり利益率は低くなる傾向があります。
     
そして
在庫処分の分量は
利益率が下がっても
通常月のトータル利益額を上回るくらい
在庫処分をするといいと思います。
    
例えば
通常月の売り上げが100万円で利益率20%だとすると
セール時期は利益率10%で200万円以上売るってことですね。
そうすれば通常月より利益額が多くなります。
    
このやり方は、
あくまでセール時期のみ
商品がいつもより売れる前提での戦略ですので
あくまでひとつの考え方として
参考にしてもらえたらと思います。
    
何が言いたいかと言うと
セール時期はですね安ければ大量に売れる月なんです。
    
そういったセール時期に合わせた値付けをすると
たとえ利益率が下がっても販売量が増えるので
トータルの利益額は通常月より多くすることも可能です。
    
通常の月とセール時期での販売戦略に
メリハリを付けると年間の売り上げや利益を
伸ばせるかもしれませんね!
   
結構、
利益率に縛られて
儲かるチャンスを見逃してる方も
多いんじゃないかなって思います。
    
今月の結果を分析をして
物販で一番売れる年末の戦略をいまから
イメージしておくといいかもしれませんね!

業界No.1の物販コミュニティーBUPPAN!!
新規募集詳細はコチラから↓
https://shonanhappy360.com/ja/MbDNlIrKL9EJ+UvhGCPArgkw

【仕事が2倍できるようになる方法!】

こんにちは
森村です。
 
今日は、
たった三年半で普通の人の2倍の能力を
身につける方法をお教えしようと思います。
  
1年間365日あります。
土日祝日合わせると
年間休日は120日ほどあります。
  
そうすると
普通の人は245日年間働くことに
なりますね?
  
もし、
土日祝日も仕事を2年間していたと
仮定するならば
  
普通の人の2年間の労働日数は490日
土日祝日すべて働いた人は730日
   
それでは3年たつとどうでしょう?
普通の人は735日の労働日数
土日祝日すべて働いた人は1095日
  
たった3年で360日の開きがでましたね。
ほぼ1年分の労働日数の差が
開いてしまいましたね。
  
そして、
普通の人が1日8時間労働だとします。
更に1日2時間の残業をしたとします。
  
そうすると1日2時間残業をしている人は
365日働いたとすると普通の人より
約91日分多く労働したことになります。
これを3年続けると274日ほど
多く労働したことになります。
   
さて、
3年間土日祝日なしで更に2時間残業
したとすると普通の人との差はどのくらい
になるでしょうか?
   
3年の間、1日8時間として
普通に働いた場合は労働日数は735日
   
土日祝日も働き
更に2時間残業した場合は、
労働日数は1369日となり
   
3年半もこの生活をすれば
普通の人の2倍の労働時間となり
普通の人が7年かかる労働経験値が
溜まるということになります。
  
なんで
今回こんな事を書いてるかと
言うと
  
昔、森村は20歳から
デザイナーとして独立してたのですが
そのころの生活って起きてる時間の
ほとんど仕事をしていたなって
だから若くても独立できたのかなと
  
実力も経験もないのでその分を
労働時間で補ってたのかもしれないです。
  
別に能力が高いとかじゃなくて
圧倒的な労働時間が先輩方との差を
縮めていたのかもしれないですね。
  
若くて仕事ができるって思う子って
話を聞くと
やっぱり他のどの子よりも
働いてる時間が長いですよね。
   
能力や経験値を伸ばすには
結局時間をどれだけかけたかなんだなと
思います。
  
それと重要なのは環境。
  
森村もたまたま学生のときに
有名なデザイン事務所に
ひろってもらえたのがきっかけで
若くして独立できたのですが
  
もちろん、
ひろってもらうための努力はしました。
  
何せデザインでは
まったく無名の学校に通ってたので
デザインのコンテストに参加したり
有名なデザイナーの知り合いがいそうな
先生に紹介を頼んだり
  
当時はSNSやメールも一般的でない時代なんで
ピロって有名なデザイナーに
コンタクトなんて取れない時代でしたからね。
  
当時は、知り合いでもいなければ
デザイン事務所に封筒に自分の作品を
入れて送るのが一般的でした。
 
有名な人気事務所からなんて  
ふつう連絡は来ませんが
   
それで、
もし連絡が来ればアルバイトとかで
使ってもらえるのですが
当時は無給のとこも多かったです。
   
ほんと
今は便利ですよね。
  
ピロって
気軽にSNSで繋がれるんですからね。
  
成功法則って裏技なんてなくて
  
経験値(時間)× 環境
  
なのかもしれませんね。
  
経験値のほうは自分で努力するしか
ありませんが、
  
それを何倍にも加速させる環境は、
いますぐ手に入れることもできますよね?
  
物販であれば
稼いでいる人達の側に行く事です。
  
環境がよくなれば
上記のふつうの人の2倍稼ぐまでの
経験値(時間)が大幅に短縮されますよね?
  
だって環境が2倍よくなれば
同じ経験値(時間)でも
2倍の経験値になりますからね。
   
経験値(100時間)× 環境 1=経験値100
経験値(100時間)× 環境 2=経験値200
   
まあ、
ゲームみたいにシンプルに数式通りには
いかなくても結構これに近い効果はあります。
   
なので
副業を始めたり
独立しようと思ったら
   
いろいろ
セミナーや交流会に
顔をだしてみるといいと思います。
  
最初の一歩って
結構、勇気いるんですよね。
  
森村も
はじめて物販の交流会に行くぞ!
って参加ボタンを押すまでかなりの
時間がかかりました。
   
今思うとそんな悩む事だったのか?
って思うくらいなんですが(笑)
  
成功法則
経験値(時間)× 環境
  
この公式を見て
自分がどうするのが一番簡単かは
分かるかと思いますが
  
はい、
環境を変えるのが一番の近道ですね。
  
なので、
今自分が何か副業なり独立など
考えているならば環境を良くする事を
考えて行動してみてくださいね。
  
森村もお手伝いしている
業界No.1の物販コミュニティーBUPPAN!!
   
ならかなりレベルの高い人が集まってるので
おすすめです。
  
成功法則
経験値(時間)× 環境 BUPPAN!! 100倍
になるかもしれませんね!
  
本業で物販をされてる方はもちろん
主婦をしながらかなり本業以上に稼がれてる方
自分のブランドを作ってしまった方などなど
  
いろいろ面白い方がいるので
自分が目標に出来る方がきっといるはずです。
  
そんな物販コミュニティーBUPPAN!!の募集も
現在、予想以上の応募があり
いきなり締め切りになる可能性もあるので
ご検討されてる方はお早めに
  
業界No.1の物販コミュニティーBUPPAN!!
  
ビジネスは即断即決が必勝法です!
仕入れもそうですね。

【環境が自分を変える!!】

こんにちは
森村です。
  
久しぶりに
風邪を引きました。
  
先週末に
展示即売会で
朝から晩まで立ちっぱなしで
販売をしていたのが応えたのか
疲れが抜けず
風邪を引いてしまったようです。
  
本当は、、、
風邪引いてるにも関わらず
先輩がたからの呑みの誘いがあっったので
喜んで出かけていったのが
悪いんですけどね(爆)
  
さてさて
みなさんも体調管理には
気を付けてくださいね。
  
昨日は、
スタッフに業務を任せて
休みにさせてもらったんですけど
   
つくづく
スタッフを採用してよかったと
思ってます。
  
森村も40歳という
ちょうど人生の折り返し地点に
いるわけですが
さすがに体力落ちてるなと
ひしひしと感じるわけでして
   
こんな風邪引いてダウンしてても
会社はまわってくれてるわけです。
  
にもかかわらず今月は
イタリア仕入れの販売が好調なのと
即売会での売り上げも過去最高となり
今年最高売り上げ見込みです。
  
ある程度の
売り上げ規模になってくると
がむしゃらに個人で頑張るって言うより
組織力が重要になってくるかなって
思ってます。
  
では組織力ってどうやって付けて行くのか?
  
組織力を作るには
スタッフとの信頼関係を作ることから
始まります。
  
信頼関係をつくるには
スタッフとのコミュニケーションが必要です。
  
森村の場合、
呑みにケーションですかね(笑)
  
とにかく
スタッフとの時間を作るってことですね。
  
この時間って
自分の考え方を伝え
いずれ自分の代わりに考えて組織を
動かしてくれるリーダーを育てるのが重要なんですね。
  
これが出来ないと
自分がいなくても動く組織って
作れないんですよね。
  
これほんと
時間かかります。
  
管理職を育てるのは
大変なんですよね。
  
この文章を読んでくれてる方で
まだ人を育てるとかピンと来ない人は、
いまいる会社でもいいですから
管理職として自分を育ててくれる人を
見つけるといいと思いますよ。
  
まあ、
最近、
管理職を育てる余裕のある会社って
少ない気もしますが、
  
そうゆう人が
周りにいるかいないかで
あなたの将来は大きく変わってきて
しまうと思います。
  
もし、
ひとりで副業で物販やられてるなら
昨日も紹介しましたが
BUPPAN!!にでも入ってみるといいかもしれませんね。
自分のお手本となる人がきっといるはずです。
   
組織運営や外注化のプロもいますので
将来的に自由な時間を作るためのアドバイスを
もらえると思います。
  
ほんと、
自分のいる環境で
将来って変わって来てしまうんですよね。
  
今、あなたにできることは
自分がなりたいって思える人がいるところに
行く事です。
   
そうすれば
なりたい自分になれる確率は飛躍的に
上がりますよ。
  
追伸:おととい紹介した物販コミュニティーですが、
なんか凄い勢いで応募があるみたいで
募集締め切り日待たず定員に達する可能性もあるそうです。
もし検討されている方がいたら
お早めに入会されるといいかと思います。

▽業界No.1の物販コミュニティー
BUPPAN!!新規募集詳細はコチラから
業界ナンバーワン!物販コミュニティーBUPPAN!!

【気軽にアドバイスをもらえる環境をてにいれよう!】

こんにちは
森村です。
    
ネット物販をするにあたって
昨今はググれば大抵のことは
無料でわかる時代ですが
   
とは言っても
いきなりアマゾンやヤフオクから
出品停止のお知らせが届いたら
かなりパニックになったりしますよね??
   
森村も
かつてヤフオクで
出品制限をもらったことがあります。
   
最初は、
ほんとびっくりしました。
なにせなんで出品制限にかかったのかも
わからないからです。
   
当時のヤフオクは、
今ほど親切じゃなかった気もします。
   
もう、
どーしたらいいか
周りに聞ける人もいなくて
ネットで検索しまくっても
多少はそういった状況の情報は
ネットにあったのですが
どの情報が正しいのか?
まったくわからない状況で、
   
この制限が解除されるまでほんと
もうドキドキでした。
   
当時は副業でしたが、
それでも月に50万円くらい利益がでていたので
それはもう、、、
不安でした。
   
結局は、
ヤフオクにメールをして
数日たって
なぜ出品制限になったのかを
教えてもらえるメールがヤフオクから来て
その後すぐに謝罪メールして
今後このようなことが
ないように注意していきます。
みたいなメールをしたら
1週間ほどで出品制限は解除されたのですが
   
その出品制限が
解除されるまでの間は
生きたここちがしなかったですね。
   
今は、
いろんな物販の塾やコミュニティーが
あるのでそういったのに参加していると
いろんな問題など起きてもその対処方法を
すぐに教えてもらったりできるので便利ですね。
   
何度か
書いてるかと思いますが
森村もBUPPAN!!という
物販で稼いでる現役プレイヤーが集まる
第1期の募集で300人以上のメンバーを集めた
業界最大規模の物販コミュニティーで
サポートメンバーとして参加しています。
   
森村は、
現在、塾などはやっていないので
森村が物販系のコンテンツを提供してるのは
このBUPPAN!! だけになります。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
☆「本物」 が集まる 物販コミュニティ BUPPAN!!

ちなみに森村が提供してるコンテンツで
一番人気は
”下町はしご酒”という
不定期の飲み会ですが、、、
   
物販で稼いでいる人たちと
お酒を飲みながらおいしい肴をつまみながら
物販話をする会です。
   
まあ、お酒の勢いなのか、
みんな濃いネタ暴露しまくりの会です(笑)
   
お店は森村チョイスなので
いつもFBを見て頂いてる方には
お判りでしょうが森村が自信を持って
おすすめできるお店をチョイスしています。
こちらも多くの参加者から好評頂きました。
  
もし興味ある方は、
BUPPAN!!に参加頂き飲み会に
参加頂けたらと思います。
   
もちろん純粋に物販について
森村に話を聞いてみたいって感じで
参加してくれたら嬉しいです。
 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓   
BUPPAN!!新規募集詳細はコチラから

【アマゾン高額商品VS無在庫販売】

こんにちは
森村です。
   
昨日の投稿で
伝えたかった内容なんですが、
   
森村が
アマゾンでの新規販売を
やめようと思った理由ですが、
詳しく書くとですね。
   
森村の取り扱い商材は、
価格帯が高い商材が多いので
   
無在庫で相乗りされてしまうと
結構しんどいのです。
   
高額商品は、
商品回転はそんなに
よくない場合が多いのですが 
   
その代わり
利益額が高いのが魅力です。
     
例えば
商品価格が10万円の商品で
利益率が30%だとすると
1回の販売で3万円の粗利が得られますが
          
商品価格1万円で同じ利益率なら
粗利3千円になります。
      
10万円の商品を売るには
それなりに商品説明なども
詳しくかかないといけないのですが
          
例えば、
新規出品で先ほどの10万円の
高額商品が相乗りされるまでに
3個売れれば
     
9万円の利益を得られることになりますが
      
せっかく新規カタログ出品しても
商品が一個も売れる前に相乗りされて
価格競争が起こってしまい
商品が一個も売れる前に利益のでない
価格まで下がってしまうと
      
新規カタログ出品する
労力が無駄になってしまうんですね。
      
高額商品の相乗りで
無在庫の場合、
1,000円でも利益がでたら
いいやって感じで相乗りされてしまうと
あっという間に価格は下落してしまいます。
   
有在庫なら
無在庫より高くても売れるんじゃない?
って話もありますが
高額商品の場合、
価格差が5千円もあると
無在庫販売で取り寄せに
時間がかかっても安い商品に
お客さんは流れる傾向があるかなと思います。
   
特に高額商品の場合、
値段が高くても
いますぐ欲しいって商品は
少ない感じもしますしね。
  
それに
そのぐらいの利益率だと
キャッシュフローを考えると
商品価格が安くて利益率は低くても
数が売れる商品に資金を使ったほうがいいって
判断になる場合も多いかなって
       
なので、
最近のアマゾンの相乗りされるまでの
時間を考えると
高額商品を有在庫で扱う場合は、
他のプラットフォームである程度
利益を稼いだあと
     
誰かが
アマゾンに無在庫でその商品を出品したら
それに相乗り有在庫で出品する方法が
いいのかなって思ったりもします。
     
実際、
どのプラットに先に出して
どのプラット順でどんな価格推移で
出品するのが最大利益を稼げるのかは
これから研究してみようかと思ってます。

【どわっ!相乗り出品そろそろ止めようよ!】

こんにちは
森村です。
   
森村がしれっと一人で
先月あたりに
1個あたり3万円くらい利益出していた
商品ですが、
   
今日チェックしたら
ライバルが7人に増えていました(爆)
   
しかも
この商品高額商品なんで
みんな在庫抱えるのがしんどいのか
森村が値下げするとみんなすぐ追随して
値下げしてきます。
  
そして
森村この商品何個か
在庫抱えてるんですよねー
   
さてどうしようかな?
   
おそらく
この商品、
森村より安く仕入れてる人は
いないと思うので時間さえかければ
損することはないのですが、
   
いっそのこと
みんなが利益出ない価格まで一気に
値下げして複数個出品してみようかと
意地悪なこと考えてみたりして
  
きっと
ライバル出品してる方は
慌てるはず。。。
  
自分より
早く売るには赤字で
売るしか方法がないわけですから
   
しかも
文章にタイトル完全に
森村のコピペだし
いいかなって
   
高額商品って
たいてい数が売れないので
値崩れしたら
値段が戻るまでに
結構時間かかるんですよね。
   
値崩れしたら
みんな辛いだろうし
高額商品在庫持ち続けるって
大変だろうから
   
2ヶ月以内に
損切りし始めるはず
そして高額商品って損切りの場合は
パーセンテージではたいしたことなくても
商品価格が高い分額面では結構痛いんです。
   
相乗り出品って
その相乗りした時点で
値崩れするってことなんですよね。
  
森村の場合、
すでにこの高額商品で
ある程度利益を出してるので
   
今持ってる
在庫で損切りしても
トータルでは黒字になるので
今の在庫で利益でなくても
最悪大丈夫なんですが、
後から相乗りで出品した方は
損切りか長期在庫で持ち続けるかしか
方法がないので辛いですよね。
   
なので物販で稼ぎ続けるには
誰よりも早く儲かる商品を
見つけられるようになって
出品するって言うのが
ひとつの方法かと思います。
   
もしくは
誰よりも安く仕入れて
大量に販売する。
   
ただ、
後者は資金がある程度
必要な方法なので
   
初心者の方は、
早いうちに相乗りじゃない
仕入れ方法を見つけるのが
脱初心者の一歩かと思います。

【森村が注目する3つの市場】

こんにちは
森村です。
 
明日から仲間と中国へ
1週間ほど出かけてくるのですが
 
目的のひとつは、
中国広州で開催されてる
世界最大規模の展示会
広東フェアを視察しにいくことなんですが
こちらは初めての参加なんでかなり楽しみです。
 
なんか、
現地からレポートできることが
あればどんどんアップしていきたいと思います。
  
それと、
中国の工場へ商品を直接発注しにいきます。
こちらも工場までいって直接要望や
価格の交渉をしに行きます。
 
森村、工場への直接発注というのは
初めてなので楽しみです。
 
ただ、工場への発注なので
1回の発注数も結構多く金額もそれなりなので
気合いをいれて商談に望まないといけないのですが
  
この辺は優秀な現地パートナーがいるので
安心かなと思ってます。
 
あとは、
深圳で今年1月に仕入れた商品で
在庫が切れた商品が多数あるので追加仕入れと
新規商品の仕入れをしに深圳にも行きます。
  
深圳の市場は、
前回かなり歩き回ったので
今回は効率的にまわれるんじゃないかと
思ってます。
 
深圳の市場は、
めちゃくちゃ広いのです。
  

 
こんな感じで予定びっしりな
中国買い付けなんですが
 
森村、
今年注力していく販売先は、
 
先日、記事で書いた通り
市場規模が巨大にもかかわらず
今はライバルが極端に少ない
ヤフオク!です。
 
ここは、森村のホームなので
引き続き注力していくとして
  
楽天とメルカリにも注力していこうと
思ってます。
 
楽天は今回中国の工場に発注しにいく商品の
メイン販売先と考えていて
 
いわゆる
”単品通販”って言われてるものです。
1点集中なのでリスクも高いと思うのですが
その分売り上げ天井も高いので
チャレンジしてみたいと思います。
 
森村って
本来、石橋をたたいてたたいて
ダッシュで渡るみたいな性格なんですが(笑)
  
こんな挑戦ができるのも社員も増えて
欧米輸入で安定的に収益を上げられる
仕組みができてるからなんですね。
  
それと、
メルカリは、
市場規模の成長率では他の販売プラットが
比較にならないくらい急成長していて
市場規模もかなり拡大しているので
注目しています。
 
また、
ヤフオク!と同じで
メルカリも何でも売れるというのが特徴で
森村的にもなじみやすいです。
中古品販売の販路拡大という意味でも
注目しています。
 
中古ががんがん売れる販売プラットって
実はヤフオクくらいしかないんですよね。
 
そして、
メルカリ
結構めんどくさいんですよね。
  
これが結構強いセラーの参入を
防いでいるのかも知れません
 
とは言え
毎度毎度の価格交渉は
大変です。。。
 
そして、
やっぱりヤフオク!に比べると
単価は安いですね。
 
逆に一番の魅力は、
単価の安い商品はバンバン売れます。
 
そういえばヤフオク!って
単価の安い商品ってバンバン売れない気もします。
この辺はユーザー層の違いなんでしょうね。
 
おそらく、
少し前までヤフオク!って商品代金の支払いが
他に比べて手間がかかったりするので気軽にポチって
いうような買い方には向いてなかったんだと思います。
  
メルカリはしばらく
商品を売りつついろいろ
研究していきたいと思ってます。
 
おそらく
年数を重ねてユーザー層の年齢が
あがるとヤフオク!のような市場になるんじゃ
ないかなと勝手に思ってます。
  
さて、
明日から中国に1週間も行くので
旅の準備をしたいと思います。

【ヤフオク!という市場について改めて考えてみた】

こんにちは
森村です。
  
いまでこそ
副業で物販をするというのは
割とよく知られた手法です。
  
昔は、
個人でネット上で売り買いができる
大きな市場ってヤフオク!くらいしか
なかったのですが
  
いまでは
アマゾン、楽天、メルカリ、BUYMAなど
また、ebayや海外のamazonへ輸出なんてのも
個人でできます。
  
さらに
個人で卸仕入れしたり
OEMなどのオリジナル商品を作って
販売したりなど
  
森村がヤフオク!を始めた頃には
考えられないくらい
  
多種多様の手法や
販売方法があります。
  
凄いですね。
  
森村、、、
いまだにヤフオクメインです。
  
4〜5年位前に
副業で稼げると噂が広まり
ebay輸入ヤフオク販売というのが
一気にブレイクして
  
新規参入者が一気に増えました。
  
そして、
カード仕入れという手法が流行ったせいか
支払日までに売りきれない初心者セラーが
増えて怒涛の1円出品の嵐。。。
  
ヤフオクは、
一気に稼ぎにくい市場に
なってしまったんですね
  
そして
海外のamazon.comから仕入れて
日本のアマゾンで販売する
  
アマゾン転売が大ブレイク
無在庫でも売れるとのことで
資金0円でもできるのでこちらも大ブレイク
  
またこの辺りから
超円安にも陰りが見え始め
欧米輸入の人気は下降の一途をたどります。
  
その後、
ファッション系無在庫販売で
BUYMAやスマフォアプリのメルカリ
  
中国輸入などが流行って
個人物販は多様化していったわけですが
  
さて、
現状のヤフオク!ってどうなんでしょう?
  
ヤフオク!の年間取引額がどのくらいあるかと
ネットで調べてみると
  
ちょっと古い
2013年のデーターだと
利用者数は約1,000万人で
年間落札額約7,300億円という感じです。
  
http://pr.yahoo.co.jp/release/2014/09/01a/
  
この年間落札総額が大きいのか
小さいのか?
  
わからないですよね。
  
アマゾンの
2012年の日本での売上高が約7,300億円
  
http://www.netshop-studio.com/know-how/detail57/
  
楽天は
2014年の年間流通総額が2兆100億円
ユニーク購入者数は1,584万人という
  
https://netshop.impress.co.jp/node/1220
  
比較するには
年代やアマゾン、楽天がどこまでの
範囲を含めての数字かがわからないので
難しいのですが
  
とはいえ
ヤフオク!単体でアマゾン並みの
年間落札額があるってことですね。
  
そして、
我々販売者側としての
出店者数としての比較データーが
あればいいのですが
  
ないので
  
森村がいろんな物販のセミナーや
交流会に参加してる感じですが
  
圧倒的にアマゾンでの販売者が多いです。
  
また、楽天は出店費用が他より高く
広告をうまく使いこなさないと売れないので
大きく稼がれてる方は多いですが
上級者が多く人数としては少数です。
  
ヤフオク!の販売者ももちろんいますが
現状はかなり少ないと思います。
  
ヤフオク!
って市場を森村なりにまとめると
  
今は新規参入者が少なく
出品が面倒だけれども
市場規模はアマゾンに近い市場規模がある
あと感覚的に商品単価も高めだとおもいます。
  
こんな風に書くと
ヤフオク!メインにしてる
森村だからヤフオク!が一番的な
トークになると思うのですが
  
今回は、市場規模という点に
絞っていくとヤフオク!が
現状、市場規模の割に新規参入者が少ないので
いいんじゃないかなって話です。
  
森村、
アマゾン、楽天もやってますが
ライバルも少なく
強いライバルもいなくなった
ヤフオク!は現在は初心者には
オススメかなとおもいます。
  
稼ぎやすいのは
市場規模が大きくて競合が少ない市場って
一番いいですからね。
  
森村、
今年は更にヤフオク!に注力していきたいと
思ってます。
  
ちなみに
BUYMAは、
2015年の記事で年間流通額200億です。
http://www.bci.co.jp/netkeizai/news/379
  
メルカリは、
2016年の記事で月間流通額が100億超えの記事が
あったので今年の年間流通額は1200億円を
超えてくると予想されます。
http://thebridge.jp/2016/03/mercari-raised-8-4b-yen
  
とはいえ
まだ巨大な楽天、アマゾン、ヤフオクには
まだまだ市場規模では及ばないですね。

【ライバルが少ないことはいいことだ】

こんにちは
森村です。
  
よくセミナーの交流会で
初心者の方の質問で多いのは
  
今から始めるなら
輸入、輸出どちらがいいでしょうか?
  
とか
  
欧米輸入、アマゾン転売、中国輸入、国内転売
はたまたOEM販売のどれから始めるべきでしょうか?
  
とか
  
アマゾン、楽天、ヤフオク、メルカリ、
BUYMA、ebayどこの販路がおすすめですか?
  
など
  
答えは、
どれから初めてもいいと思いますし
どれも稼げると思います。
  
ただ、
今現在どれが人気かと言うと
  
中国輸入や国内転売が人気なんじゃないかと思います。
販路は圧倒的にアマゾンですかね。
  
人気があるってことは
それだけ新規参入者が多い市場ってことですね。
  
実は、
新規参入者が多い市場って
稼ぎづらい場合が多いです。
  
森村がメインとしている
欧米輸入のebay仕入れヤフオク転売も
4〜5年前に人気に火がつき
ものすごい新規参入者が増えました。
  
新規参入者はノウハウやテクニックもあまりないので
すぐ安売りに走ってしまうので
  
どんどん商品の相場が下がってしまいます。
  
つまり
この時期って一番稼ぎにくい時期なんですよね。
特に新規参入者にとっては
  
はい、
森村もこの時期が一番稼ぎづらかったです。
平均利益率もこの時期が一番低かったと思います。
12%とか15%に落ち込んだ月もありました。
  
先日ある
対談収録をさせて頂いたのですが
今の欧米輸入ってどうですかって質問があって
  
森村、
今はほんと新規参入者も少なく
ライバルって呼べるくらい強いセラーがいないです。
  
かつて欧米輸入で有名になられた方々も
現在は他の手法や販路に移行された方がほとんどで
  
ヤフオク!には
現在、強いセラーがほとんどいないのです。
  
森村も実際、
利益率では過去最高水準で推移していて
平均で39.9%ほどあります。
  
欧米輸入が人気だった頃の
12〜15%の利益率とは大違いですね。
  
そして更に
ヤフーが昨年秋からユーザー増を狙って
大々的なキャンペーンをし続けてるので
新規購入者も激増しています。
  
なので1円出品の落札相場も
入札者の増加によって上昇してきています。
  
欧米輸入のヤフオク転売
今はかなり稼ぎやすいですね。
  
為替もいい感じに
円高基調になってきたので
儲かる商品も全体的に増えてます。
  
そして、
欧米輸入って
ネット物販の副業系でもっとも古い分野なので
ノウハウが確立していて
  
マニュアル的な基本のことはネットで検索すれば
ほとんど無料で公開されてるんですよね。
  
そんなこんなで
森村もですね。
  
無料動画セミナーを作ってみました。
  
そして、
1円出品で儲かる商品が紹介された教材も
期間限定で4月末まで配布させて頂きます!
  
うちの女子大生スタッフに
これ公開しちゃうんですか?
  
うちで売った方がよくないですか〜って
言われたのですが、
  
森村が仕入れる商品を
紹介しないと意味がないと思って
公開することにしました。
  
1円出品で儲かるマル秘商品解説付き森村の無料動画セミナー
  
森村が8年間も稼ぎ続けた
濃ゆいノウハウ。リサーチの基礎から戦略と考え方を
初めて公開しますので是非ご拝読頂けたらと
思います。

【卸仕入れに夢はあるか?】

こんにちは
森村です。
 
よくセミナーの交流会などで
頂く相談ごとなんですが
 
卸仕入れを強化していきたいです。
どうしたらいいですか?
 
先日の森村がサポートメンバーをしている
物販コミュニティのオフラインミーティングでも
グループコンサルの時に相談がありました。
 
まず、
卸仕入れをしたいと思う理由ですが、
 
・単純に売り上げを伸ばしたい
・効率化したい(リサーチ時間を短くしたい)
・優位な仕入れ価格で価格競争から脱却したい
 
大体、
この3つの理由から卸仕入れに挑戦したいんじゃ
ないかと思います。
 
単純に売り上げを伸ばしたいって前向きな姿勢なら
卸仕入れっていいと思います。
 
ただ、現状でうまくいかないから
卸仕入れっていうのは早計かなって思います。
  
卸仕入れにはメリットもありますが、
単純転売に比べてリスクもあります。
 
卸仕入れのリスクは取引先によって
まちまちですが、
 
一般的に
 
・まとまった数を仕入れる必要がある(お金がいる)
・現金先払いの場合が多い(クレジットカード使えない)
・同じ商品を大量に仕入れるための在庫リスク
・卸仕入れで儲かる商品は単純転売より少ない
(リサーチ力がいる)
 
卸仕入れって
一般的に数を多く仕入れないと安くならないし
それに現金先払いが基本です。
 
卸仕入れで儲かる商品を
見つけるにはebayやヤフオク、アマゾンなどの
プラットフォーム仕入れに比べ見つけるにも
時間もかかるし交渉も必要なので
 
難易度も高めです。
 
そして、
最大のリスクはですね。
 
代理店から卸の契約を取れたとしてもですね。
メーカーの意向などで契約打ち切りになる場合も
あります。
 
森村も昔、卸仕入れをバンバンして
月に2,000万円くらい売ってた時期があるのですが
 
ある人気商品を正規の代理店から
仕入れてたのですが、突如メーカーからの圧力が
かかり代理店からの契約を打ち切られてしまったんですね。
 
まあ、
当時バンバン安売りしてましたからね。
メーカーからすれば商品価値を下げられてるって
思ったんでしょう。
 
はい、
この契約打ち切りで
500万円くらいの月の売り上げが消失しました(号泣)
 
こんなことがあると
キャッシュフローがガタガタになっちゃうんですね。
 
ある程度、
物販で売り上げ上げてらっしゃる方なら
この危険性が分かって頂けると思いますが
 
ヤバイです。
 
なにがヤバイかと言うとですね。
月に2,000万円くらい売るにはそれなりに
経費もかかるのです。
 
仕入れの支払いはまあ
タイミングにもよりますが
 
仕入れも少なくなるので
工夫してうまくなんとかできると
思いますが
 
月々の事務所や倉庫、人件費などの経費とかって
すぐに減らせないんで
 
売り上げが一気に減ると
一気に赤字になるんですね。
 
売り上げが大きければ大きいほど
そのリバウンドのダメージは大きいのです。
 
そう、
卸仕入れって
意外とこんなリスクもあるんですよね。
 
それに卸仕入れをして儲かる商品って
ライバルが一気に強くなります。
 
単純転売の頃は
副業の個人や個人商店レベルのライバルが
一気に代理店や商社とかになるんですよね。
 
何を伝えたかったかと
言うとですね
 
卸仕入れも単純転売の頃と同じで
 
ライバルもいるし
価格競争もあるってことです。
そして、リスクも増えるってことです。
 
この場合の価格競争って分かりづらいのですが
1品1品の販売での価格競争ではなく
 
卸のロットが1,000個であれば
 
1,000個を売り切ったときの
トータルの売り上げと利益の競争です。
 
500個は定価で売れたとして儲かったとしても
新製品がでたりして500個売れ残りがあった場合は
最悪、損切りで売って500個は赤字になる場合も
あるってことです。
  
卸仕入れをしている業者同士での価格競争には
外から見えない残り在庫数の駆け引きや
仕入れ量による仕入れ金額の違いで
   
表面上では分からない価格調整と在庫バランスの
駆け引きという競争があるんですよね。
 
で、なんか
卸仕入れのデメリットが強調されてしまった
感じもあるのですが
 
卸仕入れに夢はあるのか?
 
あります。
 
売り上げをどかっと上げるには
卸仕入れは非常に有効ですし、
リスクを軽減する方法もあります。
 
そのためには、
卸仕入れでも継続的にリサーチも必要ですし
リスクをとっていく必要もあります。
 
このレベルになると
リサーチって言葉よりマーケティングって
言葉のほうがしっくり来ますね。