【物販でお金を残すためにはどうしたらいいの?】

こんにちは
森村です。

昨日は、
物販で売り上げを
上げていくと手元にお金が
残らなくなる話を
したのですが、

では、
どうしたら
手元にお金が残るように
なるのか?

昔、
ほんと疑問だったんですが
当時ネットで検索したら
明確にさらっと
回答されてた方が
いました。

”売り上げを上げるのをやめる”

当時の森村としては
目からウロコ状態でした。

いま思えば
当たり前の話なんですが

毎月売り上げが上がってるってことは
基本、前の月より仕入れ額が増えてる
ってことですから

その増えた仕入れ資金は、
新たに他から
資金を入れない限り
利益からしか
その費用はでないんです。

すなわち
利益が手元に現金として
見える前に商品に交換されて
いるのです。

売り上げがあがると
儲かるので
もっと仕入れる
そして
もっと売る

なので
当時の森村は
延々とその上昇スパイラルに
飲み込まれていて
そうゆう事に気付かず

前に進む事しか考えて
なかったんですね。

いつのまにか
立ち止まるとか
後ろを振り向くとか
の選択肢を忘れてしまってたんです。

売り上げがあがっていて
儲かってるのに
毎月の支払いがキツイなって
感じたら

そしたら
自分はどこまで行きたいのか?
いくら月に稼ぎたいのか?
いくらお金を作りたいのか?

一度考えてみると
いいかもしれませんね。

何のために稼いでるのか?

それが明確にできれば
また頑張れるかもしれませんね。

もしくは、
一度立ち止まるという
選択を選んで

家族との時間を作ったり

旅行に出かけたり

友達と遊んだり

次のステップの準備に時間を使ったり

お金と時間の配分を考えて
見るのもいいかもしれませんね。

自分がハッピーな状態を
考えて見てください。

【物販やるとお金がない!その理由は?】

こんにちは
森村です。
 
結構、
物販で売り上げも順調に伸びてきて
利益もでてるはずなのに
いつも諸々支払うと
手元に現金がない!
 
ってことありませんか?
 
なんか
頑張ってるのに
毎月、支払いがキツイ
 
森村も
結構、このもんもんとした
悩みを抱えていた時期がありました。
 
物販って
お金→商品→お金
 
って感じで形を変えることによって
利益を生み出していきます。
 
なので
もし毎月利益出てるはずなのに
お金がないって思ったら
 
まず、
在庫商品がいくらあるのか
把握しましょう!
 
もしくは
ネットショップ販売などで
カード決済利用してる方は
売掛け金がどのくらいあるのか?
確認してみましょう。
 
そうすると
意外と資産(商品)が
あったりします。
 
実は、
この状況は
物販が成長している証でも
あります。
 
なぜなら
毎年、毎月売り上げが
伸びていってませんか?
 
そうすると
商品が売れるので
さらに多く商品を仕入れる
 
ここで気をつけないと
月の販売した商品原価+(月の利益ー必要経費)
 
以上の仕入れをしてしまうと
たちまち支払いが
キツくなってしまいます。
 
すなわち
キャッシュフローが
回らなくなってしまうんですね。
 
それじゃ
その売り上げの成長率って
 
月の利益ー必要経費=残り
 
の分しか成長できないの?
って話になるのですが、
 
更に
この残りって
自分の月の収入の場合や
お小遣いになってるひとも
多いので
 
これを使ってしまうと
ビジネスを大きくする原資も
なくなってしまうのです。
 
なので
ビジネスを早く成長させるためには
国や銀行から
資金調達などが必要なんですね。
 
ああ〜
資金繰りって
大変です。
 
まあ、
この悩みは
ビジネスの成長痛
みたいなものなので
うまく付き合って
いかないといけないんですよね。

【同梱対応で売り上げアップ!】

こんにちは
森村です。
 
ヤフオク!で販売してると
落札者から
必ず同梱対応してほしいという
連絡があります。
   
小さな商品だと
3つ落札しても
送料1回分で済むとなると
落札したお客さんからすると
非常にお得感があるんですよね。
   
60サイズの商品の
発送費用が756円だとすると
3個同梱できれば
1,512円も節約できたことになります。
大きいですね。
   
この同梱対応するだけで
商品のついで買いが増えて
売り上げがかなり向上します。
   
特にヤフオク!で
専門的な商品の販売で
リピーターを付けるためには
この同梱対応は必須だと思います。
   
なので
ヤフオク!の自己紹介や
商品説明文に
”同梱対応します”
みたいなメッセージを
いち文入れておくだけで
トータルの売り上げが
変わってきます。
   
もし、
まだ入れてない方がいたら
試してみてくださいね!
   
ただ、
発送を外注化される方は
この辺は少し難しいかも
しれませんね。
   
この同梱対応は
結構発送ミスが起こりやすくなる
原因でもあるので
悩みの種にもなるわけですが
   
ある程度の販売数と売り上げが
ある方にとっては、
発送ミスにおける返送費用や
クレーム対応の手間を
天秤にかけても
 
全然もとは取れるはずなので
やってみる価値は十分あると思います。

【ときどき中国輸入について】

こんにちは
森村です。
  
以前、
中国の深圳に買い付けに行った話を
書いたと思いますが、
  
仕入れた商品は
ぼちぼち売れてます。
  
単価は低いですが、
利益率は大体30%以上は超えてるので
まずまずだと思います。
  
森村は、
中国輸入に関しては
初めてなのですが、
  
やはり
森村がメインにしてる
欧米輸入とは違う点がいろいろ
あって面白いです。
  
中国輸入品は、
基本ノーブランド品なので
  
機能的に面白いものだったり
デザイン性に優れてるものなど
  
何か訴求できる
ポイントがある商品。
  
検索キーワードにヒットしやすい
タイトルを付けられる
商品を仕入れてます。
  
そして、
すごい重要だなぁ〜って
感じるのが写真のクオリティ
  
欧米輸入の場合、
商品ブランドがある商品が
ほとんどなので
  
写真が悪くても
商品タイトルと値段に値ごろ感が
あれば売れていくのですが
  
ノーブランド品は、
同じ商品でも写真の出来や
説明文の書き方で
  
他より販売価格が
倍くらいでも
売れていくことがあります。
  
これだと
商品ページ作りこむ
モチベーションが上がりますね!
  
今年は、
商品写真のクオリティーが
上げられるように頑張ってみようと
思います。
  
森村のこれからの
中国輸入の課題は、
単価が低い商品をいかに数を
多く捌くか?
  
それと単価アップですね!
  
いろいろ
試行錯誤しながら
楽しんで進めていきたいと
思います。

【実店舗リサーチを取り入れよう!】

こんにちは
森村です。
  
仕入れをするときに
ネットしか見てないって方も
多いんじゃないでしょうか?
  
確かに
実店舗に比べてしまうと
  
ほとんどの場合、
ネットのほうが安い場合が
多いですからね。
  
だけど、
森村はリサーチに
煮詰まった時には、
街に出てお店めぐりをします。
  
特に自分が扱ってる
商品を扱ってるお店にはいきます。
  
そうすると
いろんな情報が得られることが
あるんですよね。
  
最近、
自分が扱ってる商品で
売れ行きが悪いなあって
思ってたら
  
実店舗の価格が
大幅に下がってたり
  
すでに
後継機が発売されてたり
  
稀に
メーカーから
欠陥が見つかって
販売中止になってたり
  
品薄商品がわかったり
  
結構、
ネットでは分からないことで
店舗にいくとわかることがあります。
  
それ以外に
新商品でいまどれが
お店が売りたいのか?
  
なんかも
お店の売れそうな場所を
チェックすると
分かったりしますね。
   
それを
ネットでチェックすると  
  
ニヤリッ!
  
って感じで
儲かる商品だったりしますね。
  
ネットで扱いがあまりないけど
店舗では結構並んでるという
商品も結構ありますね。
  
こうゆう商品は、
ネットではライバルがいないので
儲かりますね。
  
なにが言いたいかというとですね。
暖かくなったので
たまには気分転換に
街にでて実店舗チェックしてみては
どうですか?
  
なにか
新しい発見が
あるかもしれませんよ。
  
今日は
ほんと
暖かく天気もよくて
散歩日和ですね〜

【アマゾンに相談しながら進めよう!】

こんにちは
森村です。
  
先日、
2ヶ月近く前に
アマゾンで商品を購入された方から
初期不良とのことで連絡を受けたのですが
  
すでに販売から30日以上経過していて
しかもすでに使用されている様子。
  
すでに
その症状が使用によるものなのか
判断ができない状況なので
  
アマゾンのサポートに念のため
お伺いを立てながら対応したのですが
  
結果として
商品到着から30日以上経過しており
使用されている様子なので
返品は受けつけなくていいということになり
  
もし何かあれば
アマゾンに直接連絡してください
とのことだったのでその旨
購入者に伝えたら
  
名指しで悪徳業者と
評価欄に書かれて1という評価を
頂いたわけなんですが
  
その旨、
アマゾンに伝えたら
すぐに評価を消してくれました。
  
アマゾンで販売してると
自分で判断するには
微妙な判断って
結構あると思いますが
そうゆうときはすぐに
アマゾンに相談しましょう!
  
おそらく
今回のケースですが、
アマゾンに相談せずに進めていたら
  
今回みたいに
悪い評価をもらった際に
評価を取り消して貰えたかは
ちょっと微妙だったんじゃ
ないかと思います。
  
以前、
自己判断で同じような
ケースを進めてしまったら
悪い評価をもらい
評価の訂正を求めて
アマゾンに連絡したのですが
そのときは
評価の修正をして
貰えなかったです。
  
確かに、
すでに評価が着いてからだと
アマゾンのほうでも
正しい状況判断って
難しいんだと思います。
  
今回は、
購入者との対応を
都度に判断を仰いでいたので
このようにすばやく
評価の取り消しをしてくれたのだと
思います。
  
経験したことないことって
いろいろ自分で考えるより
人に聞いてしまったほうが
早いですよね?

【物販仕入れに時間軸の概念を入れよう!】

こんにちは
森村です。
  
物販って
商品を安く仕入れて
高く売るという
すごくシンプルな
ビジネスです。
  
輸入輸出物販は、
安い国で仕入れて
高く売れる国で売る
  
という
場所という
概念を加えたもの
  
時間の概念をいれると
  
安いときに仕入れて
高くなったときに売る
  
株の売買や
アンティーク品
ビンテージ品などがそうですね。
  
それに新品商品でも、
セール時などがそうですね!
  
実は、
この時間軸の考え方が
できるだけで
輸入転売は儲かるようになると
思います。
  
過去データーをチェックして
  
この商品は儲からないから
次のリサーチに
すぐにいくのではなく
  
いつなら儲かるのか?
考えてみる。
  
なんで、
こんなに過去データーが
あるのか?
  
考えてみる。
  
データーがあるってことは
儲かった人がいるはずです。
  
そこには、
セールなどの
儲かる条件があったはずです。
  
この条件が見つけられるように
なれば仕入れの幅や数は、
劇的に増えるはずです。
  
リサーチは数をこなすことも
重要ですが、
  
他のひとより
ひとてま考えるだけで
儲かる商品が見つかる確率は
上がるものです。
  
数こなしてるのに
結果がなかなかでないって
思ってる方は、
一度ひとてま考える癖を
つけてみるといいと思いますよ。

【初心者は自分用の仕入れから始めるのもありかも】

こんにちは
森村です。
  
森村も輸入販売を始めたきっかけは
自分の欲しいものが海外にあって
それを個人輸入して
自分で使用する目的で輸入したのが
始まりです。
  
それを、
ヤフオク!で
たまたま出品すると
2倍くらいで売れたので
嬉しくなって
  
毎回、
同じ商品を2個ずつ輸入すると
2倍で売れる
  
ようするに
自分の分が
タダになる計算ですね。
  
そんなことしてたら
いっきにコレクションが
増えてしまいました(笑)
  
もちろんその商品は
海外では日本より安く売ってたり
日本では手に入らないものだったのですが
  
今でも
自分が欲しいなあって
本気で思って過去データーも
なにもない状態で仕入れると
  
大抵、
利益も十分に出て
売れていってしまいます。
  
本気で欲しいものって
他にも欲しい人がいるって
ことですね。
  
結局、
自分で使えないって
ことがほとんどです(苦笑)
  
逆に
中途半端にいいかな〜
なんて軽い気持ちで
仕入れると損したりします。
  
なので、
初心者の方は
ほんとに自分が欲しいものを
売れなかったら
最悪、自分で使う
くらいの気持ちで仕入れると
いいかもしれませんね。
  
そうそう、
キッチン用品なんかも
自分用に仕入れるにはオススメです。
  
例えば、
輸入転売ではかなり有名なこんな商品
  
▽定番のこんな商品(ebay)
http://goo.gl/ghOj6w
  
▽日本のアマゾンではこんな値段
http://goo.gl/1xGBnf
  
ebayでは、349.98ドル
日本のアマゾンでは64,888円です。
  
1ドル=116円で計算すると
40,597円ですね!
  
日本のアマゾンとの差額は
24,291円もありますね!
  
これだけ差額があれば
必ず儲かりますね!
  
すごい!
  
アマゾンのセラーの条件を
見ると通常6〜10日に発送と買いてあると
思いますが、
  
さらに詳しくチェックすると
セラーの住所が海外になってますね。
  
明らかに
無在庫販売ですね!
  
この商品実は
結構人気商品なんですが
  
なんでこんなに儲かるのに
大量に仕入れて
FBAにしていないかと言うと
  
食品に触れる商品って
食品衛生法に抵触するので
ちゃんと手続きをしないと
大量に輸入できないんです。
  
ただし
個人で使用の場合は、
1個くらいなら輸入できます。
  
だから
かなり差額があるんですね。
  
こんな商品は、
個人で輸入するには
かなりお得な商品なんで
個人輸入の練習用としては
いいかもしれませんね。

【仕入れをする前に確認したいこと】

こんにちは
森村です。
 
昨日、
事務所にいくと
大きなダンボールが
何個も積み上げられてました。
 
今日は、
いっぱい商品の入荷があったんだね〜
なんて軽くスタッフと話しながら
箱を開けたら
 
がーん!
 
まじか?
 
この商品ってこんなに
大きかったんだ!
  
ってこと結構ありませんか?
 
結構、
仕入れに慣れてくると
よくあることなんですが
 
この商品は、
布製のカバンだと
勝手に早とちりしてたのですが
実はハードケースで
 
折りたたみできない商品
なのでそのままの大きさで
日本までやってきました(汗)
 
その数もすごい
 
やばっ(滝汗)
 
事務所の6分の1くらい
この商品で埋まってしまうかも
 
ってことにならないように
商品の大きさは仕入れる前に
チェックするようにしましょうね。
 
容積も大きいと送料も高いので
予定していた想定利益も
かなり修正しないと
 
にしても
これ売り切れるかな?
 
商品のストック場所も
有限なので効率のいいサイズの
商品の仕入れをしたいですね。
 
そうそう、
今日もebay bucks 3倍DAYの
オファーが来ていました。
 
月はじめの
最初の週は結構ebay bucksの
オファーが来る確率が高い気がします。
それに 
ebay bucksがキャッシュバック
される日も一ヶ月後に
迫ってきましたね!
楽しみです。
 
ちなみに前も書きましたが
ebay bucksは、
3ヶ月に一度
ebayのお買い物金額に応じて
ポイントがキャッシュバックされる
サービスです。
 
今日も仕入れを頑張りたいと
思います。

【仕入れた商品の不良品返品の考え方について】

こんにちは
森村です。
 
ebayやamazonなど海外から仕入れていると
必ず不良品が送られてくることがあります。
 
でも、
 
海外から送られて来た商品。
 
しかも、
MyUSなどの
転送会社経由の返品って
大変ですよね。
 
まずセラーに連絡して
状況説明を英語でして
 
ここでスムーズに商品さえ
送ってくれれば
返品受け付けるよって
場合もあるし
 
転送会社使ってるなんて
そんなの知った事か!
そこで壊れたんじゃない?
 
とか
 
配送中に壊れたんじゃない?
まず配送会社に確認してくれ
 
とか
 
結構、
セラーとのやり取りが長引く場合も
あります。
 
この場合、
時間の消費以外に
かなり精神的なストレスになります。
 
結局、
お互い平行線をたどってしまい
最終的にはPaypalやebayの
クレーム申請になる。
 
こうなると
Paypalやebayに状況説明など
英語でするとなると
かなり面倒で
かなり疲れます。
 
それに返金されるにしても
結構時間がかかったりします。
  
ちなみに
amazonは基本
買い手保護なので
その点は比較的楽です。
  
こうゆう場合
森村はどう考えてるかと
言うと
 
一度、
返品返金の経験をしたら
次からの不良品の返品は
まず、
その返品の労力に見合う
商品の価格かを考えます。
 
例えば
時給1,000円のスタッフが
返品、返金の手続きするのに
3時間労力をようするのなら
 
その商品は3,000円以上の
商品なのか?
 
はたまた、
個人でやってる場合は、
その3時間でその商品を
返品、返金する手続きをする
労力とストレスに比べて
 
その返品にかかる同じ時間で
商品の価格以上に
儲かる商品がリサーチできるのか?
 
その見込み利益が
返品する商品の価格を超えるようなら
返品はせずリサーチにあて
その商品は訳ありとかで
ヤフオクで処分します。
 
こんなふうに
自分なりの返品のルールを
作っておくと
 
海外への不良品返品の
ストレスはかなり軽減できると
思いますよ。
参考にしてもらえたらと思います。