物販で売れ残りの商品をどう売り切るか?儲けている人の「売り切るテクニック」を教えます。

価格調整はしているけど、商品が売れ残ってしまう!そんな悩みをお持ちではありませんか?

こんにちは
森村です。

みなさん、商品が売れないと「価格調整」をしますよね?

・相場より高いんじゃないか?
・ライバルが値下げしてるんじゃないか?

なんてのをチェックしながら・・・

そして、一旦値下げして売れてない商品って放置しまいがちです。
値下げして、もう原価ギリギリ

「もーう!損しないで売れればいいや!」なんて商品も結構あるはずです。はい。

でも、こんな商品は放置しないでください!



売れない商品を売り切る方法を考えてみると・・・

売れない商品を売り切る方法を考えてみると、選択肢は3つしかありません。

1.そのまま売れるまで放置する
2.さらに値下げして原価割れで販売する
3.値上げをする

1は、売れるか売れないかは、運次第ですね。
2は、売れる速度を早めます。
3は、売れる確立は減るでしょう。

というのが、一般的な考えになるかと思います。
では、実際にどの選択肢を選ぶのが良いのでしょうか?



限られた現金を少しでも有効に活用する思考が大切

2は更に付け加えると、商品を売り切ることで、損しても商品から現金になります。
そしてその現金を使って、すぐ売れて儲かる商品を購入出来ればその損はすぐに取り戻せます。

例えば、原価100円の商品を売れないので、しかたなく原価割れの70円で販売したとします。

この時点で-30円な訳ですが、次にこの回収した70円を使って、原価70円で仕入れた商品が100円で売れれば、
+30円となり、最初の-30円は取り戻せるってことです。

この判断ができるか?これって物販をやる上で凄く重要な考え方なんです。

物販ビジネスは、その商品ひとつの利益で成り立っていないし、
仕入れた商品すべてで利益を出すのは、優れたバイヤーでも無理な事なんです。

なので、重要なのはトータルの利益なんです!



実はヤフオクならではの、売り切るテクニックもあります。

そうそう、3はですね、ヤフオクなんかだとウォッチがついていた商品に有効な手法なんです。

理由は「値下げしたら、買おうかななんて構えてたユーザーにえっ!まさか値上げ!」
なんて感じであわてて購入するケースを引き出す効果と、
値上げしてある程度また売れなかったら、値下げをして割安感を演出するのに有効です。

値下げして値上げのあとに値下げなら、また利益出る状態にもできますからね。

よく、売りつくしセールして、売れなかった商品をそのままの値段で放置する方やお店も多いですが
サマーセールの特別感を残したいなら、絶対、サマーセールの値段の前に戻すべきです。

そうしないと、この店はサマーセールのあとに在庫処分セールをする店って思われて
サマーセールの効果も薄まってしまうんですよね。

なので、売れないから単純に値下げと考えるのではなく、
その先を見て価格調整をすると、もっと見えて来るものや、結果が違ってくると思いますよ。

そもそも、売れ残りがでて在庫処分しなくては行けない理由って、
仕入れすぎだったりするんですよね。


ちゃんとライバルの在庫量をチェックして仕入れてますか?

でも、どうやって?仕入れ過ぎを防ぎ、適量を仕入れるように調整できるのか?
それを自動でかなえるツールが実はあるんです。


在庫チェッカー

しかも募集は15ヶ月ぶりらしい、、、
アマゾン系ツールってサーバーの負担が大きいですからね

提供できる人数に限りがあるんでしょう。
今回、限定募集ですので、この機会に導入されてもいいんじゃないかなって思います。

アマゾンをメインにされてる方には、強力ば武器となるはずです。

在庫チェッカー


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です