【みんなネットの値段良く見てるね!】

こんにちは
森村です。
     
森村の会社では、
骨董市や展示即売会、イベントでの販売に力を
入れているのですが
    
実際、お客さんと対面販売していると
かなりの確率でその場で
スマホで価格チェックするお客さんがいます。
    
中には、
値札の写メを堂々と撮って行かれる方もいます(笑)
  
先週末は、
中国でのOEM商品を展示販売していたのですが
そうゆうメーカーの型番商品じゃない商品ですら
とりあえずスマホチェックが入ります(汗)
  
何度か
イベントなどで販売してみて
価格をどのように設定するべきか悩んだのですが
    
こうゆうイベントって出店費用や
デパートの催事だと売り上げマージンを
主催者に納めなくてはいけなかったりするので
その辺も考慮して価格設定を考えないと
行けないんですよね。
    
それに商品の会場までの搬送費用に
当日販売してくれるアルバイト等の
人件費がかかるので
そういった費用も
回収できるようにしなくてはいけない。
     
毎回、周りの出店者の販売されてる価格や
売り方を研究してたんですが、
      
一番多いパターンがネット販売より高めで
販売個数少なめだけど対面トークで販売して
利益をがっつり確保みたいな方法。
骨董市ではこれが多いかな。
      
あとは、
イベントだけのオリジナル商品や
限定品、会場で買うと限定のおまけが付くみたいな
なにかしらのイベント限定の付加価値を付けて
売る方法。
    
この方法だと
結構自分の好きな値段付けができるので
儲かりますね。
     
あとは、
ワゴンセールのように
在庫処分として格安セール。
     
こうゆう即売会を在庫処分として考えてる
店主さんも多いです。
    
このパターンは儲かるというより
在庫処分のコストとして見てるので
利益をだすという参考にはならないですね。
     
あとは、
常連客さんとのコミュニケーションとして
出店されてる方。
    
地方でお店をやってる方や工芸品や
アクセサリーなどの作家さんに多いかな
 
基本はネット販売中心だけど
1年に数回巡業的に日本全国まわられてる方。
  
作家さんはこうゆうときに
受注生産の注文を取ってたりしますね。
  
で、
森村はですね。
今まで最初のパターンのネットの価格より
高めの値段で少数売る戦略を取っていたのですが
今回、初めてネットより安い値段で販売する方法を
試してみました。
  
そもそも
アマゾンなどの
プラットホームで販売すると
10%くらいの手数料と送料がかかるので
その分値引きした値段で販売しても
利益は残りますよね?
  
みんな
ネットの値段って
よくチェックしてるんです。
  
結果はというと
いままでで一番売れました。
バカ売れです。
  
もちろん利益率はいままでに比べて
10%くらいダウンしていますが
販売数が3倍くらいに伸びたので
トータルの利益額は2倍ほどに増えてます。
  
この結果は、
扱う商品や価格帯
イベントとの相性などいろんな要因が
重なっての結果かもしれませんが
  
これから
リアルで販売するにも
ネットの価格との競争力がないと
難しくなってくるんじゃないかなって
考えさせられた結果でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です