【事業計画を書く前に夢を語ろう!】

こんにちは
森村です。
  
事業計画書を作る為に
なにから始めればいいのでしょうか?
  
今回、
森村は
会社を通じて将来なにをしたいのか?
なにを実現したいのか?
  
それを明確にする必要があると思ってます。
 
森村は最近
1〜2ヶ月に一度海外に行って
旅をしながら物販をする生活も
面白いかなと
  
森村は、
日本の居酒屋や食事が大好きなので
海外移住とかには興味ないんですよね。
  
なので、
1〜2ヶ月に一度くらいが
ちょうどいいのです。
  
物販でこれを実現するには
荷受から出品、発送までを
外注化しないといけないですね。
  
アマゾンのFBAなんか
利用してもできそうです。
  
ただその場合は、
アンティークなど中古品が
難しかったりするので
仕入れる商品に制限がかかりますね。
   
森村は、
海外の蚤の市なんか
見ながら仕入れるのも好きなので
FBAだと難しいですね。
  
森村の場合、
スタッフがいるため
日本に半月くらいいなくても
会社が回る仕組みができてるので
外注化の面はすでにクリアしていて
すでに実行に移しています。
  
今年は中国2回、イタリア2回、
イギリスに1回行ってるので
  
今のところ達成というか2ヶ月に一度であれば
あと一度海外にいけば達成してしまいますね。
  
今年はこれから
イタリア、イギリス、台湾に行く予定が
あるのでほぼ達成する見込みなのですが
  
この海外買い付けで増える仕入れ資金を
賄う為にも資金調達をしたいわけなんですよね。
  
なので事業計画書を書く必要もあるのです。
  
そして、
海外買い付けで増えた商品を
販売する販路の拡大を考えると
  
これまた
費用が必要なんです。
  
例えば、
楽天に出店するなら
楽天は出店費用がかかるので
その費用も捻出しなくてはなりません。
  
ネットショップへ販路を拡大するなら
その構築費と集客の為の広告宣伝費
  
実店舗なら
店舗を借りる費用や改装費用
その店舗用の在庫や店舗スタッフの人件費
など考えると
かなり大きな投資費用が必要になります。
  
こんなことを
実現しようとすると
事業計画を書いて
融資をしてもらわないと
実現できなかったりするんですよね。
  
もちろん
コツコツ事業で得た利益を貯めて
ある程度貯まった時点で
こういった計画を実行することも可能ですが
融資獲得するよりも
はるかに時間はかかりますよね?
  
こんな感じに
自分がやりたいことを
思い描いてそれを実現できる状況を
考えどう作るか?
  
それを具体的な
数字まで落とし込む作業
それが事業計画なんだと思います。
  
こんな風に
事業計画を考えると
作業自体楽しくなりませんか?
  
副業で物販やられてる方も
一度、事業計画を書かれてみると
いいかもしれませんね。
   
夢の実現の地図ができれば
あとは実行するだけですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です