【事業計画は夢の設計図です。】

こんにちは
森村です。
  
森村の会社ですが
あともう少しで設立して3年になるのですが
早いですね。
  
あっという間です。
  
森村は会社を作るときに
創業融資という公的な融資を受けたので
事業計画を2カ年ほど作ったのですが
 
当時作った
事業計画ですが、
  
会社経営してみて分かったのですが
結構無理ありますね。。。
  
昨年は、
事業計画も作らずに
口頭で売り上げ予測を伝えるだけで
融資がおりてしまったので
詳細な事業計画は作らなかったのですが
  
口頭ベースで伝えた
売り上げ予測のほうはどうやら
達成できそうな感じです。
  
森村は、
一応前職でこういった
事業計画や月次レポートの作成などに
関わって来たのですが
  
自分で会社経営して事業計画書くのと
人に雇われて事業計画書くのでは
ほんとまったく違いますね。
  
事業計画って何のために書くのか?
  
創業時は、
会社の創業資金を調達するという目的で
とにかく創業時にはお金が必要なので
資金調達が目的って方が多いと思います。
  
森村も
取りあえず創業時にお金は、
あったほうがいいって感じで事業計画を
書いて資金調達をしたわけですが
   
今思うと
資金調達しておいて良かったと思ってます。
  
創業時って
ほんと予想以上にお金が必要なんですよね。
事務所借りたり、備品買ったりしてると
あれよあれよと言う間にお金がなくなります。
  
では、
今回あらたに事業計画を
書く意味ってなんだろう?
  
事業計画って
自分が会社を経営して
どうなりたいか?という夢の設計図なんです。
  
森村は、
会社を創業する時に
時間に縛られず、
夕方から赤ちょうちん下町居酒屋に呑みに
いけるライフスタイルを送りたかったのですが、
  
ちなみに
これは1年目に達成してしまったのですが
これが達成できたのも
事業計画を書いて創業融資を受け取ることが
できたから実現したことだと思います。
  
要するに
このライフスタイルを実現できる
時間とお金を生み出すのに
必要なビジネスプラン(事業計画)と
資金(融資含む)が
最初にあったからなんですね。
  
さて、
これから
3年たった今の会社だからできる
新たな目標や夢を実現できる
ワクワクする事業計画を
じっくり書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です