【独立のため定期預金をしておいたほうがいい?】

こんにちは
森村です。
  
今、副業をしていなくても
副業をしていても
  
将来独立を考えてる方は、
定期預金をしておいたほうがいいです。
  
それは、
なぜかと言うと
  
創業融資という
創業時に受けられる
公的融資制度があるのですが、
  
面接の時に
最初の創業資金をどのように
貯められたか?
  
聞かれる場合があるのですが、
それが一番わかりやすく
信頼があるのが”定期預金”なんです。
  
毎月コツコツ貯めることが
できる人と評価されるみたいです。
  
要するに
お金を貸しても
毎月ちゃんと返済してくれる人
ってことですね。
  
そして、
その定期預金ですが、
できたら自分の住まわれてる
将来独立する予定の場所にある
地元の信用金庫がいいです。
  
信用金庫は、
公的融資の次に
融資をしてくれる金融機関です。
小さな会社にも融資をしてくれます。
  
大手都市銀行は、
会社がかなり大きくならないと
融資なんてしてくれませんので
  
もし今、あなたが将来独立を考えていて
定期預金を大手銀行でしているのなら
地元の信用金庫にすることをお勧めします。
  
なぜかと言うと
  
実は、
信用金庫の融資査定に
社長の個人預金なども査定対象になるからです。
  
森村は、
創業2年目を迎える前に
地元信用金庫よりプロパー融資を
してもらえたのですが、
  
融資後に
信用金庫の担当の方から聞いたのですが
法人口座の取引実績だけでなく
個人での定期預金なども含めた得点が
森村さんとこは高く
最初のプロパー融資のお取引で
当支店では
今年一番融資金額が多かったと
言ってもらえました。
  
信用金庫と今から
取引実績を作っておくことは
将来のビジネスを大きくすることで
大きな意味がありますので
考えてみてもいいんじゃないでしょうか?
  
定期預金預けておいても
ほとんど増えませんんしね。
   
どこに預けても
ほとんど同じならば
将来的にビジネスのパートナーとして
支えてくれるかもしれない
信用金庫を利用するのがいいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です