【ひとり物販は気楽?だけれども】

こんにちは
森村です。
  
セミナーの懇親会などで
よく聞かれる質問で
  
森村さん!
そんなにスタッフ抱えて大変じゃないですか?
  
この質問多いのですが、
森村自身、正直言うと
そんなにスタッフを抱えてるなんて思ってもいません。
  
森村の会社は、
フルタイムの正社員2名と
学生アルバイトとパートで5名。
人数で言えば合計7名いますが
 
世の中の会社から比べれば
吹けば飛ぶような零細企業です。
  
確かに
副業で一人でやられてる方から見れば
社員を雇ってるって言うだけで
大変そうに見えるのだと思いますが、
  
会社と考えると
森村の会社なんてまだ
創業間もないひよっこ会社です。
  
では、
なぜ人を雇用してまで
事業をしているのか?
  
実は、
森村は管理職が長いので
組織運営は得意だと思ってます。
  
はっきし言うと
人を雇用するというのは
特に正社員の雇用は
非常に社会的に重い責任があります。
 
だけれども
  
スタッフを雇用して
最近しみじみよかったと思うのは
  
森村も40代に入って
体力や集中力の低下をひしひしと
感じてるわけで
  
事務処理やデーター入力。
  
具体的に言うと
出品業務などは、
若いスタッフにはかないません。
  
それに
物販では当たり前になってる
スマホ対応。
  
これなんか特に
若いスマホ世代に
我々で勝てるわけもないのです。
 
今回、
何がいいたかったかと言うとですね。
  
ひとり物販って気楽でいいです。
  
ただ、
自分が歳を取ってその業務を
続けられるか考えて見てください。
  
そのために
今から人を使った
ビジネスもできるように
経験を積むのもいいんじゃないかなと
思います。
  
もちろん
人を採用すると苦い経験や
ストレスもたくさん経験すると思います。
  
ただ、
それと引き換えに
人生経験として得られるものも
多いと思います。
  
もちろん
人を採用したからこそ経験できる
楽しい事もたくさん
あると思いますし
  
スタッフがいるからこそ
出来る事っていうのもあります。
  
森村も
スタッフがいるからこそ
今、いろんな新しい事に
チャレンジできたり
海外に行ったりできてるんだと
思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です