【外注に最初に頼む業務について】

こんにちは
森村です。
  
先日、採用した
アルバイトの女子大生が事務所に来るように
なったのですが
   
最初に何をやってもらうか?
これ結構重要です。
   
森村の会社の場合、
アルバイトスタッフに
やってもらってる主な仕事は、
  
・商品の出荷業務
・商品写真の撮影及び出品業務
・商品の管理表の更新
   
長く来てくれてるアルバイトの子の中には
経理補助業務なんかも頼んでいるのですが
  
新しく入ったスタッフに
一気にアルバイトの子に頼んでいる
仕事を覚えてもらうには時間がかかります。
   
なので、
最初に1つの業務を集中して教えて
どれか一つの業務で早く戦力になるように
集中して仕事を覚えてもらいます。
   
それができるようになったら
一つの業務では空き時間がでるので
その時間で新しい業務を教えます。
   
こうすることによって
教育時間の効率化を図ります。
   
今回、
2名のアルバイトを採用したので
  
一人には、
アマゾンとメルカリの出品業務。
もう一人にはヤフオクの出品業務。
を教えています。
   
どうして
出品業務から始めるかと言うと
今回の採用は予定数以上の
アルバイトを採用してるので人件費が増えます。
  
出荷業務は、
売り上げへの影響はあまりありませんが
出品業務はダイレクトに売り上げに直結してきます。
   
一気に出品数を増やして早めに
人件費上昇分を解消するためです。
   
無在庫販売であれば
商品登録数が上がれば上がるほど
売り上げが上がる確率が上がりますしね。
   
外注化する際には、
その目的を明確にしないと
結構いろんな作業ロスが生じるので
採用するまえにその辺を明確にしておきたいですね。
   
売り上げを上げるためなのか?
自分の時間を作るためなのか?
   
副業でやられてる方は、
おそらく後者のほうが多いかと思います。
   
森村も
最初、自分の時間を作るために
アルバイトを採用しました。
   
最初のアルバイトの子に頼んだのは
出荷業務でした。
   
出荷業務を頼めると
さらにリサーチに時間が使えるので
売り上げが上がります。
   
そのあとに
出品も間に合わなくなるので
出品業務を頼むといいですね!
   
今、
外注化をしようか悩んでる方は、
何のために
どの業務を頼むのか?
整理してみるといいと思います。
   
そして、
外注する際は、
あれもこれも同じ人に頼むより
一つの業務ごとに別々の人に頼むと
効率よく業務がまわると思いますよ。
   
それと同時に
その人がいなくなった時の
リスク回避にもなるのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です