【儲かるからって大量に仕入れればいいってものじゃない?】

こんにちは
森村です。
  
昨日は、
在庫のチェックをしながら
考える事があったのですが
 
前に結構珍しい商品が
ebayに一時的に何個も出品されてたので
買い占めたのですが
 
数個売るくらいまでは、
仕入れの値の3倍くらいで売れる
すごい儲かる商品だったのですが
  
急に売れ行きが悪くなったので
1円出品に切り替え
そこそこ売れてたのですが
徐々に落札価格も下がっていき
  
1円出品しても
ほとんど儲からなくなった商品があります。
  
これは、
明らかに需要を見誤って
商品を仕入れてしまったのが原因なんですが
 
結局、
この商品を売り切るのに
1年くらいかかってしまいました。
  
なぜ、
損切りもせず
1年もかけて売ったのかというと
 
商品自体は今後仕入れられる可能性が
低い商品なのでいずれ値段はもどるだろうと
思っていたことと
  
仕入れた個数の半分売った時点で
全部を仕入れた仕入れ金額を
軽くうわまわっていたので
残りの在庫はゆっくり売ってもいいかなと
 
時間さえかければ
必ず利益のでる商品なので
  
とはいえ
この判断が正しかったのか?
  
早めに損切りして
売り切ってそのお金で
儲かる商品の仕入れに回す。
 
この場合は、残りを損切りで売り切っても
トータルではプラスです。
 
数字だけ資金効率の話をするには
こちらの判断が絶対正しい
 
けれども
専門店を運営する上では
こういったレアな商品もあることが
集客に繋がり
お客さんの専門店としての
信頼獲得に繋がる
品揃えが多い店はリピート率が高い
  
と考えると
この場合、損切りしないで
ゆっくり売る方が正しいのかもしれない。
 
うーん
物販って面白いですね。
  
おそらく
どちらを選択しても
正解だと思うのですが
  
あとは、
自分がどんな物販をしたいかの問題。
  
とにかく
お金をいま稼ぎたい方は、
キャッフローをとにかく
回す事を考えればいいし
  
じっくり長く
安定した店舗運営をしたいのであれば
優良顧客を獲得するような
戦略をとればいいと思います。
  
スタッフに商品の価格調整や販売方法を
教えながら正解がいくつもあるって
ことも結構あるなって改めて思ったわけです。
  
物販は奥が深いですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です