【結果にコミットするリサーチ方法】

こんにちは
森村です。
  
世の中の
サラリーマンで一番多い職種って
何だと思いますか?
 
営業ですよね?
 
営業って誰でも出来る職種ですが
結果を出すのが
非常に難しい職種だと思います。
 
売らなければ行けない
会社の商品やサービスが
誰もが欲しがるような人気商品であれば
営業も楽でしょうが
  
たいてい
そんなわけはなくてですね。
  
内心、
微妙って思いながら
自社商品を売ってる営業マンの方が
多いと思います。
  
そして、
会社からは達成不可能なノルマを
課せられる
 
理不尽ですよね。。。
  
さて、
営業するにはとにかくアポをとる
人に会わない事には始まりません。
  
昔、
上司から教わったことなのですが
どうやって売り上げ=営業成績を
コミットしていくか?
  
そのためにまず
アポを取れる確率と受注確率を
明確にする必要があると
  
例えば、
100件の営業メールを送って3件アポが取れ
実際にお客さんにお会い出来たとして
その3件のうち1件の仕事を受注出来たとします。
また、その1件の受注単価は100万円とします。
  
その方の営業目標=ノルマが月1,000万円だったすると
  
理論上は、
月に1,000件の営業メールを送れば
営業目標の1,000万円が達成出来ることになります。
 
はい、
営業経験のある方
森村も営業経験があるので
いろいろ言いたい事があるのは
重々分かってますよ。
 
営業は基本相手が人なので
こんな簡単なことではないですが
何が言いたかったかと言うとですね。
 
商品リサーチも同じで
  
あなたが現在
100件商品を見て3件利益がでる商品を
仕入れられて
  
そしてその商品を販売したところ
平均販売価格が10,000円で
平均利益率が20%だったのならば
  
あなたの
物販での副業もしくは
本業の月収目標が100万円であれば
 
最低月に500万円売り上げないといけません
販売個数は500個ほど必要ですね。
 
計算を分かりやすくするために
ここでは経費などの費用は省いてます。
  
では500個の商品を仕入れるには
現在のあなたのリサーチ力では約16,666商品を
月に見る必要があります。
 
この数が多いと思いますか?
少ないと思いますか?
  
じゃあ、
毎日リサーチするとして
1日何個の商品をみればいいか?
  
ひと月30日で計算して
1日あたり約556個の商品を見ればいいって
ことですね!
  
なんか、
できそうな数字になってきてませんか?
  
それに物販って
同じ商品を複数売ってもいいわけですし
なんか売れ筋商品を見つけられれば
毎月売れる商品もあるので毎月続ければ
商品を見なければいけない数は減っていきますね。
 
今回、
何を伝えたかったかと言うと
物販をやるにあたって手に入れたい収入って
あると思います。
 
それはお金。
つまり数字化できます。
 
それから
逆算していけば
自分が何をどのくらいすればいいか
具体的にすることができます。
 
具体的な数字にできれば
あとはひたすら目標に向かって
行動するだけですからね!
 
それに
この物販の目標金額って
営業マンの営業目標より達成しやすいと
思いませんか?
 
何を売るかも
自分で決められる分けですしね。
自分ですべて決められるんで
理不尽なこともないですしね。
 
森村は、
会社員時代の営業ノルマより
今のほうが断然楽です。
   
そして
収入ももちろん上です。
そして、時間もあります。
 
ちなみに森村
商品リサーチするとき
1日に556個以上見るときも
ありますが、
このぐらいの数なら
1〜2時間もあれば
十分見切れます。
 
リサーチに慣れると
ほとんどの商品は
写真と値段しかみないので
あっという間に500個くらいは
見終わってしまいますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です