【物販仕入れに時間軸の概念を入れよう!】

こんにちは
森村です。
  
物販って
商品を安く仕入れて
高く売るという
すごくシンプルな
ビジネスです。
  
輸入輸出物販は、
安い国で仕入れて
高く売れる国で売る
  
という
場所という
概念を加えたもの
  
時間の概念をいれると
  
安いときに仕入れて
高くなったときに売る
  
株の売買や
アンティーク品
ビンテージ品などがそうですね。
  
それに新品商品でも、
セール時などがそうですね!
  
実は、
この時間軸の考え方が
できるだけで
輸入転売は儲かるようになると
思います。
  
過去データーをチェックして
  
この商品は儲からないから
次のリサーチに
すぐにいくのではなく
  
いつなら儲かるのか?
考えてみる。
  
なんで、
こんなに過去データーが
あるのか?
  
考えてみる。
  
データーがあるってことは
儲かった人がいるはずです。
  
そこには、
セールなどの
儲かる条件があったはずです。
  
この条件が見つけられるように
なれば仕入れの幅や数は、
劇的に増えるはずです。
  
リサーチは数をこなすことも
重要ですが、
  
他のひとより
ひとてま考えるだけで
儲かる商品が見つかる確率は
上がるものです。
  
数こなしてるのに
結果がなかなかでないって
思ってる方は、
一度ひとてま考える癖を
つけてみるといいと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です