【仕入れた商品の不良品返品の考え方について】

こんにちは
森村です。
 
ebayやamazonなど海外から仕入れていると
必ず不良品が送られてくることがあります。
 
でも、
 
海外から送られて来た商品。
 
しかも、
MyUSなどの
転送会社経由の返品って
大変ですよね。
 
まずセラーに連絡して
状況説明を英語でして
 
ここでスムーズに商品さえ
送ってくれれば
返品受け付けるよって
場合もあるし
 
転送会社使ってるなんて
そんなの知った事か!
そこで壊れたんじゃない?
 
とか
 
配送中に壊れたんじゃない?
まず配送会社に確認してくれ
 
とか
 
結構、
セラーとのやり取りが長引く場合も
あります。
 
この場合、
時間の消費以外に
かなり精神的なストレスになります。
 
結局、
お互い平行線をたどってしまい
最終的にはPaypalやebayの
クレーム申請になる。
 
こうなると
Paypalやebayに状況説明など
英語でするとなると
かなり面倒で
かなり疲れます。
 
それに返金されるにしても
結構時間がかかったりします。
  
ちなみに
amazonは基本
買い手保護なので
その点は比較的楽です。
  
こうゆう場合
森村はどう考えてるかと
言うと
 
一度、
返品返金の経験をしたら
次からの不良品の返品は
まず、
その返品の労力に見合う
商品の価格かを考えます。
 
例えば
時給1,000円のスタッフが
返品、返金の手続きするのに
3時間労力をようするのなら
 
その商品は3,000円以上の
商品なのか?
 
はたまた、
個人でやってる場合は、
その3時間でその商品を
返品、返金する手続きをする
労力とストレスに比べて
 
その返品にかかる同じ時間で
商品の価格以上に
儲かる商品がリサーチできるのか?
 
その見込み利益が
返品する商品の価格を超えるようなら
返品はせずリサーチにあて
その商品は訳ありとかで
ヤフオクで処分します。
 
こんなふうに
自分なりの返品のルールを
作っておくと
 
海外への不良品返品の
ストレスはかなり軽減できると
思いますよ。
参考にしてもらえたらと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です