【仕入れの精度を上げる方法】

こんにちは
森村です。
 
今月の連休前から
仕入れをお休みしている
森村ですが
 
そろそろ
仕入れを再開しようかと思ってます。
 
仕入れを担当してるスタッフと
打ち合わせをしていたのですが、
 
来月は、
担当カテゴリーの仕入れ商品数を
少なくして、
その減らした分を新規商品の仕入れに充てる
という感じで仕入れをしていこうという
方針にしました。
 
ようするに
仕入れ精度を上げていくということです。
 
どうゆうことかと言うと
  
例えば、
毎月別々の商品を10個の商品を
仕入れてるとします。
 
仕入れに慣れていたとしても
その商品の利益率はまちまちで
前にもお話した通り優れたバイヤーでも
仕入れた商品すべてで利益をだすことは
できません。
 
例えば10個のうち
 
2個は利益率50%で売れました。
2個は利益率40%で売れました。
2個は利益率20%で売れました。
2個は利益率0%で売れました。
2個は利益率−20%で売れました。
 
こんな感じで売れてたとすると
すべての商品の原価が仮に一緒だとすると
トータルで十分に利益はでていますよね?
 
仕入れ精度を上げていくには、
利益率の低い商品の仕入れを少なくして
高い商品を増やしていけばいいのですが
 
理屈では単純なんですが
そんなこと簡単にできれば苦労しませんよね?
 
森村の会社の場合、
仕入れを担当する子には、
月間仕入れ目標額というのがあります。
 
物販の場合、
目標売り上げを達成するには
無在庫販売を除いては仕入れをしないことには
目標売り上げを達成する事はできません。
  
例えば、
うちのスタッフの仕入れた商品の
平均利益率が20%だとすると
200万円の売り上げを達成するには
商品ごとの商品原価などのばらつきなど
他にも考慮することはあると思いますが、
だいたい160万円くらいの仕入れが必要になります。
 
なのでこの場合、
160万円が目標仕入額となります。
 
そして、
今回、森村の会社の場合ですと
この目標仕入れ金額を120万円に絞り
40万円を新規商品で仕入れなければいけないという
感じにしたということです。
 
この40万円の仕入れって
新規に充てるわけなので
場合によっては
平均利益率を下げてしまう場合もありますが
 
何もアクションを起こさなければ
現状は何も変わらないので
 
売り上げを上げたいとか
利益率を上げたいと思ったのならば
何か変えないといけないんですよね。
  
新規リサーチって
いままで仕入れたことがある商品を
リサーチするより遥かに時間がかかります。
 
なので、
リサーチの時間配分を多くするって
ことにもなります。
 
ようするに
その労力が利益率を高めるということです。
 
もちろん
そこはリサーチの精度に依存するのですが
リサーチの精度を上げるには経験が必要なので
結局、仕入れの精度を上げるには
時間の投資が必要になります。
 
何を伝えたかったかと言うと
仕入れの精度を上げていくためには、
常にリサーチ時間への投資が必要になるということです。
  
逆にこのリサーチのサイクルを止めると
利益率は、どんどん低下していっちゃうんですよね。

【楽しく稼ぐ環境づくり】

こんにちは
森村です。
 
昨晩は、
学生スタッフが卒業のため
バーベキュー送別会をしました。
 
学生スタッフ4名が今月卒業式を迎え
そのうち2名は、
来月からうちの社員になってくれるのですが、
みんないい顔してました。
   
森村は、
働いていて楽しい
ストレスフリーな会社を作りたいなと思って
今回、2度目の起業をしました。
 
人生の中で
重要なことってなんだと思いますか?
 
お金を稼ぐこと?
 
違いますよね。
 
お金は、何か目的を達成するために
必要なものであって本来目的ではないはずです。
 
価値観は人それぞれだと思いますが
森村は人生という限られた時間を
楽しく充実した時間を過ごすことだと思います。
 
そのために
大なり小なりのお金は必要です。
 
人生の中で一番多く使う時間は、
睡眠です。
  
そして、
多くの人が2番目に多いのが
働く時間、労働時間です。
 
この、1、2番の時間が
人生のかなりの時間を占めています。
  
睡眠時間は、
生きていくために必要な時間で
あまりコントロールできませんが
 
働く時間は、
自分で選ぶことができます。
 
職業や働き方
 
もちろん
選択肢を広げるためには
それ相応の対価が必要です。
 
いい大学を卒業しないと就職できない会社。
専門的な資格を取得しないとなれない職業もあります。
 
ただ、
働き方の選択肢は、
自分で独立したり会社を作ったりしないと
そんなに多くないように思います。
 
今回、
学生スタッフ4名が卒業を迎えたのですが
長い子は、会社創業前から3年ほど
短い子でも1年と学生のアルバイトとしては
かなり長く勤めてくれたと思います。
 
そして、
そのうちの半分は社員になってくれます。
まだ、出来たばかりの森村の会社にとって
それってすごく嬉しいことだと思います。
 
長く勤めてくれるってことは
スタッフが森村の会社に何か価値を感じて
くれてるのかなと思います。
 
その結果、
森村も楽しく働きつづけています。
 
なので、
人生のなかで多くの時間を使う
働く時間が充実してるので幸せです。
 
そして森村は創業から
一度も怒ったことがありません。
 
なので、
創業時に目標としていた
ストレスフリーも実現できています。
 
それも
スタッフに恵まれてるから
実現していることですね。
 
スタッフのおかげです。
  
自分が楽しく稼ぐ環境を作りたかったら
自分の周りの人が楽しく働ける環境をつくるのに
努力することが一番なんだと思います。
 
それが廻り回って
自分に帰ってくるんですね。

【毎月の売り上げ安定していますか?】

こんにちは
森村です。
 
独立を考えるときに
毎月の安定収入って考えますよね?
 
家のローンや家賃は、
毎月でていきます。
 
食費もかかりますね。
 
携帯代とかも
 
子供がいれば、
毎月の養育費。
 
なので、
今の生活を維持するには
毎月の安定収入が必要になります。
 
毎月の安定収入を得るためには
物販であれば安定した売り上げと利益が
必要になります。
  
もしくは、
季節ごとにどかっと売れる商品を
販売して1年分を一気に稼ぐ
という方法もありますが
 
あまりおすすめはしません。
もし、その商品が売れなかった場合は
悲惨なことになりますからね。
  
森村の場合、
独立する際に
毎月の安定収入をどう得ていくか
非常に考えました。
  
家庭があれば
家に入れる毎月のお金って
あるかと思いますが
 
今月、売り上げが少なかったから
家に入れるお金ないよって
 
なんて、
奥さんに
なかなか言えないですよね。
 
とは言え
毎月、売り上げを安定させるって
難しいですよね?
 
特に季節商品を
扱ってる方なんかは売り上げは
安定しないですよね?
 
例えば、 
五月人形のような季節商品だと
売れるのは3月〜4月くらいだと
思います。
 
人形屋さんは、
1〜2月にひな人形を販売して
その後に3〜4月で五月人形を販売します。
 
そうすると
他の月って何を販売していると
思いますか?
 
人形の久月なんかの有名な大きな人形会社は、
通年でひな人形や五月人形は売っていますが
おそらくシーズン以外はほとんど売れないと思います。
 
もちろん、
伝統的な日本人形なんかも製造しているので
今だと観光で訪れる外国人の方が
お土産で買っていくのかもしれませんが
 
ひな人形や五月人形ほどの
売り上げはないかと思います。
 
実は、
森村の地元には、
人形屋さんや玩具の製造メーカーの
卸が多いのですが、
 
中小の人形屋さんは、
5月人形の販売が終わると
花火を売ってるお店が多いです。
 
そして、
花火の後はなんだと思いますか?
 
なんと!
 
最近では、
ハロウィン関連の仮装や飾り付け商品です!
 
そして年末は、
クリスマス用品。
そして、正月の飾り付けとなります。
 
人形屋さんは1年を通じて
季節商品で回してるのです。
 
すごいですね。
 
何が言いたいかと言うとですね。
売り上げを毎月安定化するためには
複数ジャンルの商品の販売が必要になります。
 
もちろん
季節に関係ない商品というのも
たくさんありますが、大なり小なり
売れる時期ってのはあるかと思います。
 
なので
今、ご自身が扱ってる商品は
いつ一番売れるのか?
 
いつが一番売れないのか?
 
では、
この売れない時期に
売れる商品ってなんだろう?
 
って考えてみるのも
売り上げを安定化させるヒントのひとつに
なるんじゃないかと思います。
  
一度、そんなことを
考えて見るのもいいのかもしれませんね。

【展示即売会に出店してみました。】

こんにちは
森村です。
 
昨日は、
福島での物販の飲み会から
深夜バスで早朝に東京に帰って来ました。
 
強行軍を強いてまで東京に戻った理由は
 
昨年から
少しずつ出店を増やしてる
展示即売会に参加するためでした。
 
展示即売会って
そもそもなんなのかと言うと
 
デパートなどの催事場で
工芸品や美術品、古書などを
制作者やメーカー、お店などが
直接期間限定で販売する催しものなんですが
 
展示即売会って
どんなメリットがあるかと言うと
会の主催者が集客をしてくれるので
その会の主旨に沿った商品を扱ってる人にとって
効率的に見込み客にアプローチできます。
 
会の主催者には、
業界団体や出版社、デパートなど
非常に集客力のある方が
主催してることが多いです。
 
展示即売会に出店するには
出店料などの参加費や売り上げマージンを
主催者に支払う必要がありますが、
 
即売会の規模や主催者の集客力によっては
十分に元を取れる展示即売会も多々あります。
 
そうそう、
東京ビックサイトなんかで
年末や夏に開催される同人誌の即売会
コミケなんかも展示即売会ですね。
 
展示即売会はネットと違い
商品の展示スペースに限りがあるので
商品構成が非常に重要なんですが、
 
いままで売れ行きのよかった商品など
いろいろ分析して商品構成を
考えて今回出店したのですが
売り上げが前回比の60%程度。
 
価格の値ごろ感や
客寄せ用のレア商品の展示など
いろいろ工夫したのですが
それでも売り上げ大幅ダウンでした。
 
原因は前回は年末だったこともあり
来場者のお財布の紐が緩くなっていたのかなと
森村的には思っています。
 
来場者数は前回よりも多かった気もするのですが
 
なかなか上手くいきませんね。
 
今回の収支ですが、
出店費用や細かい備品などの経費、
アルバイト代など入れて計算すると
今回はトントンくらいでした。
 
とは言え
我々みたいなネット販売専業者にとって
リアルでお客さんに触れ合う機会って
滅多にないことなので
 
お客さんが
今何を求めてるのか?
 
どんな商品を探してるのか?
 
いろんなリアルな生の情報が貰えるので
売り上げ以外の
メリットもあったりします。
 
もちろんショップカードを用意して
ネットのほうで購入してもらえるように
誘導することもできます。
 
展示即売会に来場される方って
かなりの見込み客ですので
今後の常連客の獲得にも
非常に有効なんじゃないかと思ってます。
 
今後も
展示即売会への参加は
強化していこうかなって思ってます。
 
あと、
こうゆう機会って実は
スタッフの教育にも役立つなって
お客さんのリアルな反応って
ネットの数倍勉強になると思います。
 
なので、
もしあなたの扱ってる商品で
展示即売会などがあれば、
一度視察されてみてはいかがでしょうか?
 
その後、
出店されてもいいですし
行くだけでも勉強になると思います。
 
展示会によっては
実はネットより安く商品が販売されてる場合や
メーカーが直接販売してる場合もあるので
仕入れ先が見つかる場合もあります。
 
展示即売会おすすめです。
一度見に行ってみてください。

【オフ会や交流会に参加しよう!】

こんにちは
森村です。
  
昨日は、森村がサポートメンバーをしている
物販コミュニティー
BUPPAN!!の東北オフ会参加のため
福島県郡山まで行ってきたのですが、
  
予想通り
濃い情報飛び交うオフ会でして
新幹線で現地に向かうだけの価値は
十分なオフ会でした。
  
実際、
東北オフ会にもかかわらず
参加者のほとんどが東北エリア外から
参加というオフ会でした。
  
参加メンバーも
かなりの実績者揃いで
意見交換やネット上ではシェアできない
情報などが飛び交いすごいオフ会でした。
  
今回は、
森村がサポートメンバーをしている
コミュニティのオフ会でしたが
  
森村は、
いままでにかなり多くの
物販のセミナーや懇親会、交流会などに
参加しています。
  
副業や一人物販をされていると
普段、孤独なんですよね。
   
森村も一人でやってる頃は、
普段、気軽に意見交換したり
質問したりすることができなくて
困ったことも多かったです。
  
だけど、
  
こういった
コミュニティに所属して
気軽に質問できたり
意見交換できたりすると
  
一人で悩むことも少なくなり
かなり気分が楽になりました。
  
それに
悩むことも少なくなるので
物販ビジネスも加速しやすくなったりします。
  
時には、
リアルのオフ会や交流会では、
ネットに出てない濃い情報が話されてたりして
大きなビジネスチャンスに繋がることも
  
また出会いがきっかけで
新しいビジネスが生まれたり
  
一人ではできないけれど
お互いの得意分野持ち合って
時にはジョイントベンチャービジネスが
生まれることもあります。
  
いまは、
こういったオフ会やコミュニティーが無数にあります。
しかも気軽に参加できる時代です。
  
ネットの繋がりってすごいですね。
  
森村が最初に起業したときに
ソーシャルメディアがあって
簡単にいろんな知識を持った
人たちと繋がれてたら
もしかしたら
起業に失敗しなかったんじゃないかとも思います。
一人でもし
悩みを抱えていたら気軽に物販のコミュニティや
オフ会、交流会に参加してみるといいと思いますよ。
きっと、
いままでの悩みは
すぐに解消されるはずです。
追伸:ちなみに
森村がサポートメンバーをしている
「本物の物販コミュニティ」BUPPAN!!
は現在新規メンバー受け付けていませんが
紹介でのみ入れますのでもしご興味ある方いましたら
森村までメッセージ頂ければ紹介させて頂きます。

【仕入れを辞めました。】

こんにちは
森村です。
  
毎日商品仕入れのリサーチをするのが
日課の森村ですが
 
うちの女子大生スタッフの
成長が著しくて
 
最近では度々、
彼女の仕入れ金額も多くて
うちの限界仕入れ金額を
上回ることもしばしば
 
なので
今月は連休前から
森村は仕入れをお休みしています。
 
そんな彼女も来月から
うちの社員になってくれるので
 
森村自身、ますます
仕事がなくなりそうな予感。
 
これが
手離れなんでしょうが
 
さて
何をしよう?
 
とりあえず来月は、
仲間と今年2度目の中国へ
行く予定です。
 
世界最大規模の中国広州で開かれる展示会
広東フェアに行ってみることにしました。
 
▽中国輸出入商品交易会
 
森村は、10年前くらいに
観光で広州には行ったことがあるのですが
 
海外展示会での仕入れははじめてです。
 
仲間からも
広東フェアは仕入れにいいよって
聞いてるので楽しみです。
 
それにしても
展示会のパスって
HPで簡単に取れちゃうんですね
便利です。
 
中国っていろいろ
手続きが面倒って思ってたのですが
便利になってきてますね。
 
でも、
中国ではfacebook使うには
コツがいるので記事の更新が
滞ってしまうかもしれません。
 
深センで1月に仕入れた商品も
三分の一くらいが売れたので
広州の帰りに深センで
追加仕入れと
もう少し単価高めの
商品を物色してこようかと思います。
 
今回は、
現地のパートナーに頼んで
目星を付けている商品の
工場にも行けるかもしれないので
楽しみです。
 
さて今日は、
これから福島に行って
森村がサポートメンバーをしている
BUPPAN!!という物販をやられてる方の
コミュニティの飲み会に参加してきます。
 
かなりの実力者揃いの
飲み会なので楽しみです。
 
濃い話が聞けそうです。
 
心配なのは、
福島は昨日雪が降ったみたい、、、
 
かなり寒そうです。

【同世代よりはやく出世する方法!?】

こんにちは
森村です。
 
森村、
最初の起業に失敗したあと
1年半ほど自分探しの旅に
出かけたんですね(笑)
 
よくあるあるのパターンです。
 
結局、自分なんて
見つかりませんでした。
 
海外のここちよい
雰囲気にのまれ
 
ダメ人間になっていきました。
 
一時は、そのまま
そこに住み着こうって
考えたこともありました。
 
でもね。
 
当時、20代半ばの森村
人生なんてまだこれから
 
このままここにいても
ゆるやかな生活が延々と
死ぬまで続くかと思ったら
 
急に怖くなりました。
 
自分はここに入るべきではないって思い
日本に帰国することを決意しました。
 
そして、
帰国後
 
森村は、
以前付き合いのあった
会社さんからのお誘いもあったにも
かかわらず
 
当時は、
ゼロからどこまでできるのか
試したいなんて甘い考え持ってたんですね。
 
若いころの森村。
ほんとバカですね。
 
普通に求人誌を見て
ITベンチャー企業なんて呼ばれる
大変な会社に就職してしまったのです。
 
それからは、
怒涛の人生初の
会社員生活が始まるわけですが
 
ベンチャー企業みたいな
急成長する会社って
バンバン人が辞めていくんですよね(笑)
 
かなり厳しかったですしね。
 
いま思えば
森村が起業に失敗したときより
精神的に厳しかったと思います。
 
森村も
いつも辞めたいって思ってました。
 
でも、
森村一度、起業に失敗していたので
ここで辞めても意味がないと思い。
 
辞表まで書いてありましたが
ギリギリのところで踏み止まってました。
 
そして気づいたら
12年も会社に勤め続けていて
 
最終的には、
取締役にまで出世していました(爆)
 
今思うと
12年も居続けてよかったのかは
いまだに分かりません。
 
もう少し早めに独立しても
よかったなとも思ってます。
  
会社で役員やってる
仲間に聞くと出世する秘訣は、
会社が厳しい時に辞めないこと
 
本当に優秀な人は
出世するまえに辞めていきますから(笑)
 
アドバイスになるか分かりませんが
会社ではやく出世する方法は、
人の入れ替わりの激しい会社で
辞めない事です。
 
きっと
まわりの他の会社の同世代より
はやく出世できるはずです。

【事業の失敗は人生の終わり?】

こんにちは
森村です。
 
昨日は、
森村が若いころに起業に失敗したことを
書いたのですが
 
よく
会社を辞めて起業して
失敗したらどうしようって考えてる方
多いと思います。
 
実際失敗しても
たいしたことないですよ(笑)
 
もちろん、
後処理は大変ですけどね。
   
人生は終わったりしません。
  
仲間にも
起業失敗した社長さんいますが
それをきっかけに更に飛躍されて
大社長に成られてる方もいます。
  
会社の経営者って
意外とよく失敗自慢をします。
 
そして、
会社員の方は
よく成功自慢をする。
 
なんて言ってるのを
よく聞いたことがあるんですが
 
森村もそうなんじゃないかなって
思ってます。
 
ここに
経営者と会社員の考え方の
差があるんだと思います。
 
会社員って
失敗は評価されないですしね。
 
さて、
若いころの森村ですが、
事務所を閉めると決意した後ですが
 
すでに受けてる仕事は、
最後まできっちり納品し
 
継続する仕事は、
お客さんに相談しながら
他の業者さんに
タイミングのいいところで
引き継ぎし
 
お世話になったところには
最後挨拶をして回ったのですが
 
意外な話が
方々から頂けたんですよね。
 
当時、大変お世話になってた
広告代理店の部長さんからは
  
森村のスタッフ丸ごと
事業部としてうちに来ないか?と
  
当時の森村、
思わず泣きそうになりました。
もしかしたら泣いてたかも?
 
うちで経験積んで
また30歳くらいでまた独立すれば
いいじゃないかと
 
すごい嬉しかったです。
  
広告代理店の部長さんの他に
デザイン事務所の所長さんなど
お声がけ頂けたんですが
 
森村すでに
この頃、満身創痍でして
仕事を続けられるような
状況じゃなかったんですね。
 
この当時の森村
自分で書いててなんですが
弱っちいですね。
 
とまあ
昔話はこの辺にして
 
もし、
独立を考えて
もんもんされてる方がいたら
 
独立しないで後悔するよりは
独立してみて後悔するほうが
いいと思いますよ。
 
起業して失敗したくらいで
人生終わったりしません。
 
一生懸命やってれば
失敗から得られるものも
たくさんありますしね。
 
それはきっと
会社員では一生得られないものですよ。

【起業に失敗した理由は?】

こんにちは
森村です。
 
先日、
森村は若い頃に
グラフィクデザイナーとして起業した話を
書いたと思いますが
 
なぜ?
今はグラフィックデザイナー
ではないかと言うと
 
それは、当然
起業に失敗したからです。
 
とは言っても会社が倒産したとか
借金で首が回らなくなった
分けでもなくて
 
森村自身が
ストレスに負けたのです。
 
当時
デザイナーとして
仕事を受けながら順調に仕事をこなし
大きい仕事も貰えるようになって
 
3年ほど勤めた
専門学校の講師という二足のわらじも脱ぎ
デザイナーとして専念するため
事務所も借りてスタッフも雇い
順調だったのですが
 
この頃から
徐徐に森村の仕事の歯車が
狂い始めていたのです。
 
森村、
実は会社勤めを経験せず
学生時代からデザイナーとしての
仕事をするようになっていたので
 
まったく
社会人経験がなかったのです。
   
なので、
組織運営や人材育成
資金調達などなど
 
会社を経営するノウハウなんて
まったくありませんでした。
当時経営について相談できるような人も
いませんでした。
 
それでも
若いなりに実績も作ってきたので
仕事もどんどん増えて
かなり稼げるようになっていました。
 
ただ忙しかったので、
スタッフもちゃんと教育できてないのに
自分しかできないような仕事を
任せてたりしたので
 
クレームも増え
 
打ち合わせも自分しかできないので
何件か朝から夕方まで
お客さんのところを回り
 
夕方くらいに事務所に戻ると
必ず何かしらのクレームが入ってるという
状態が何ヶ月も続きました。
 
また、
人が増えたり事務所を借りた事で
毎月の支払いが増えてたので
 
今思うと
きちんと資金繰りなどを
考えておかないといけなかったのでしょうが
 
当時は、
完全にどんぶり勘定でした。
 
そんなときに
大きな仕事の入金がずれ込んだりと
お金の心配もでてきたりと
 
しらずしらずに
森村のストレスは
日に日に増していったのでした。
 
この当時の森村は知らなかったのですが
広告代理店の支払いなんてずれるの当たり前です(笑)
 
そんなこんなで
ある日、
森村が朝起きると
ベットのシーツが
びっしょり濡れていました。
 
まさか!?
この年でオネショ?
 
と一瞬思ったくらい
寝てる間に大量の汗をかいていたのでした。
 
そして毎晩そんな状態が続き
体重もみるみる下がっていき
 
おかしいなと思って
病院にいったら
 
自律神経失調症と診断されました。
 
原因は、
日々のストレスです。
 
この半年後に
森村は事務所を閉めたのですが
今思うとですね。
 
失敗した理由なんて
いくらでもあるのですが
 
当時の森村は、
単純に会社を経営するには未熟で
社会にも揉まれてなかったので
ストレス耐性がまったくなかったんですよね。
 
キャッシュフローも
確かに目減りしてはいたけど
それは一時的な話で、
入金が遅れてただけで
 
今思えば、知識があれば
大して心配するほどの事でも
なかったんですが
 
当時の森村には、
キャッシュフローなんて概念
これっぽちもなかったですしね(笑)
 
なので、
とにかく心配でしょうがなかった。
 
この当時、
森村がものすごいストレスを感じてたことって
いろいろ経験した
今の森村にとってストレスにもならない
些細なことです。
 
森村は、
今回、2度目の起業するときに
ストレスのない会社を経営しようと
思って起業したわけですが
   
ストレスフリーって言っても
ある程度のストレス耐性がないと
実現しないんじゃないかなと思います。
   
ストレスって別に
悪いことばかりじゃなくて
 
嫌な事から抜け出すための
自分を前にすすめる原動力になったりもするので
ある程度うまく付き合う必要も
あるのかと思います。
  
もちろん
森村の若い頃のように
体に異常をきたしては元も子もないですけどね。

【広告以外の意外な物販の集客方法】

こんにちは
森村です。
 
昨日は、
フリマ記事を書いたのですが
 
フリマ達人の仲間の話によると
フリマでの必勝法は、
いかに子供の足を止めさせるか?
 
そのために
コンビニの
缶コーヒーとかジュースとかに
よく付いてる
景品なんかを置いておくといいと
言ってました。
 
そうすると
子供が立ち止まり
 
お父さん、お母さんも
足を止めてくれる
 
そうなると
他の商品も見てもらえ
商品を買ってくれるように
なると
   
その話を聞いて
森村は
なるほど〜って
感心してたのですが
 
そういえば、
森村もそれに似たようなことを
してるなと思いました。
 
森村は、
コレクター商品なんかも
扱ってるのですが
 
コレクターが本当に欲しがる
希少なコレクターアイテムって
仕入れられてもかなり高額で
 
値段もそれなりなので
なかなか売れないって
商品が多いのですが
 
こうゆう商品を
森村はあえて仕入れて並べてあります。
 
普通のセオリーであれば
こうゆう商品って
商品回転率も悪く
値段も高いので
   
キャッシュフロー効率が
悪い商品であまり扱うべき
商品ではないのかもしれませんが
 
コレクターの方は
こうゆう商品が
本当は欲しいのですが
  
値段が高くて
なかなか買えない
けれど
 
こういった商品を
サイトに並べるとコレクターの人たちが
集まってくるのです。
 
そして、
 
なんども
 
なんども
 
その商品を見にサイトに
来てくれるんですよね。
 
そうすると
他の商品も見てくれて
その関連商品の値ごろ感がある商品を
買ってくれたりします。
 
そして、
一度買ってくれると
本当はあれが欲しいんだけどといって
リピーターになってくれて
 
ボーナス時期や年末などに
高額なコレクション商品を
買ってくれたりします。
 
高額商品って
実はネットなどでいきなり
買うのは抵抗感があるのですが
 
一度、
安い商品を購入して
ちゃんと届くと安心してもらうと
次からの購入の抵抗感が
一気になくなるんですよね。
 
なので、
資金に余裕があれば
こういったコレクターの方を
集客できるようなアイテムも
仕入れてみるのも
おすすめします。